マネー相性が2人の未来を決める!?

記念日
人生の価値観が一致している相手が、マネー相性の良い最高のパートナー
■お金の価値観が異なるのは当たり前
お互いに育ってきた環境が違うのだから、お金に対する価値観や金銭感覚が異なるのは当然のことだと思います。長年培ってきたお金の価値観や金銭感覚をすぐに変えることはできません。夫婦として長年暮らしていても、お金の使い方、使い道の考え方の食い違いで、言い争いになるカップルも実際に多いです。

言い争いになった時、相手に自分の価値観を一方的に押し付けるのではなく、話し合って歩み寄ることが大切です。自分の価値観を相手に押し付けていたら、2人の関係に致命的な亀裂が生じます。そこで重要なのは、お互いにお金の話をスマートにできる関係にあるかどうかということです。

■お互いにお金の話をスマートにできるか?
日本人は、古くから「お金」のことを話すことは、恥ずかしいこと、みっともないことと教育されてきました。それ故、大人になって恋人同士、夫婦同士になっても、自分の「お金」に対する考え方を相手に上手に伝えることができない人が多いです。その結果、自分の考えを一方的に相手に押し付けることになってしまうのです。

そうならないためにも、今の恋人を結婚相手として考え始めたときから、相手の金銭感覚やお金に対する価値観について良く知るために、お金の話をスマートにできる関係を作りたいものです。相手の会話を通して、相手が自分にとって受容できる金銭感覚、お金の価値観の持ち主かどうか判断するのです。もし相手が、それを望まないとしたら、結婚した後もお金のことをお互いに話せない関係が続くでしょう。それはお互いにとって不幸な結果を招く恐れがあります。

■マネー相性(お金の価値観)は、人生の価値観の相性
2人が結婚をして家庭を築き、人生を共に歩くという際に、さまざまな人生の選択肢にぶつかります。例えば、「子どもを育てる」「家を買う」「働き続ける」「転職する」「老後を過ごす」などです。これらの選択肢には、「お金」という要素が欠かせません。そして、「お金」の要素だけではなく、2人が人生をどのように生きたいかという人生の価値観という要素を忘れてはいけません。

2人が結婚して幸せな人生を送るためには、「マネー相性」と「人生の価値観の相性」が良くなければなりません。恋人として共有する時間を通じて、「お金」のこと「人生」のことをお互いに主張して、理解し合うことが、幸せな結婚を得るための必須条件と言えるでしょう。


【関連リンク】
・ウェディングドレス選びで占う2人の未来!?
・2人の未来を左右する!?新婚生活の財布の紐
・共働き夫婦、結婚したら保険も2倍?
・「この人リッチだな」と思う瞬間は?
・「愛があればお金は要らない」の現実
・共働き夫婦の生活費の分担、どうしている?


▼「共働きのマネープラン」担当ガイドがお送りするメルマガでは、「2人で、楽しく充実した人生を送りたい!」と願う共働きの皆さんに、夢の実現をサポートするための最新情報をお届けしています。
==> ガイドメールマガジンの読者登録はコチラから!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。