共働きは、食費が多い!?

ガイド平野の相談室に家計の見直し相談にいらっしゃる方は、「ウチは共働きのせいか、食費、特に外食費が多いような気がするんです」とおっしゃることが多いです。支出の内訳を見せていただくと、大体7~8万円前後という家庭が多いように感じていますが、共働きといっても、妻の働き方はさまざまです。
 
仕事帰りは外食することも多いね。

仕事帰りは外食することも多い


正社員のようにフルタイムで働く方もいれば、パートなどの非正規社員で働く方、自営業やフリーランス、内職など、企業に勤めない働き方もありますので、家事にかけられる時間や費用も妻の働き方で大分変わると思います。そこで、総務省の家計調査から、妻の働き方別に食費の主な項目についてまとめてみました。
 
総務省「家計調査」をもとにガイド平野が表作成

総務省「家計調査」をもとにガイド平野が表作成



食費全体としては、「夫のみ有業(妻が専業主婦)」の世帯の場合は、一ヵ月あたり約75,000円ですが、「妻の勤め先収入が8万円未満」は、約78,000円、「妻の勤め先収入が8万円以上」の場合は、約80,000円、「妻が勤労者以外(自営業等)」の場合は、約84,000円となっています。たしかに共働き世帯の方が専業主婦世帯よりも食費が多いことになりますが、大きく見ると8万円前後に収まっているようです。
 

共働き世帯は専業主婦世帯よりも、外食やお惣菜が多い?

上の表には、食費の中でも働き方によって、特徴が反映されているような項目を抜粋してみました。「妻の月収8万円以上」の世帯は、「野菜・海藻」や「果物」にかける費用が他の世帯よりも少ない傾向があります。

その一方で、「調理食品」や「酒類」「外食」は、比較的費用をかけていることが分かりました。「妻が勤労者以外(自営業等)」の世帯は、「野菜・海藻」や「果物」にも費用をかけつつ、「調理食品」や「酒類」「外食」も多めという結果でした。
 
栄養だけでなく、調理時間とかける費用もバランスが大切ですね!

栄養だけでなく、調理時間とかける費用もバランスが大切ですね!


皆さんの家計と比べて、いかがでしょうか? ガイド平野の家(自営業)では、野菜や果物が不足しないよう意識していますが、調理をする時間がない場合は、お惣菜やカットサラダ、冷凍食材などを使うこともあります。

また、外食だけでなく、家でくつろぎながらお酒をいただくこともあるので、この表の傾向はまるでわが家の縮図のようでした。

 
出かけた際の外食をレジャー費として予算に入れる方もいます。

出かけた際の外食をレジャー費として予算に入れる方もいます


多くの方が気にしていた「外食費」は、「専業主婦」の世帯が約16,000円、「妻の月収8万円未満」の世帯が約18,000円、「妻の月収8万円以上」では約19,000円、「妻が自営業等」では約21,000円と、妻の収入が上がる(又は、働く時間が長い)ほど、外食費は高くなっていました。
 
外食といっても、仕事帰りに定食屋さんなどで食べる場合(ニーズ:必要な物)と、記念日ディナーのような場合(ウォンツ:欲しい物)があります。「ウチは外食が多いな……」と思う方は、どちらのパターンが多いか振り返ってみて、節約できる部分がないかどうか確認することをおすすめします。
 

共働き世帯、食費以外の支出は?

妻の働き方によって、食費の内訳は差がありましたが、光熱費や日用品などは、あまり違いが見られませんでした。大まかな金額は以下のとおりです。

●光熱・水道費:合計約22,000円
(電気代:約11,000円、ガス代:約5,000円、水道代:約5,500円、その他:約1,000円)
●家具・家事用品費:合計約12,000円
●保健医療費:合計約12,000円

一方、妻の働き方によって支出額に違いが見られる項目が、食費以外にもありましたので、以下にご紹介します。
 
 総務省「家計調査」をもとにガイド平野が表作成

 総務省「家計調査」をもとにガイド平野が表作成


「被服履物」や「交通・通信費」、「交際費」は、妻が働きに出ればその分必要になりますので、皆さんの予想通りの結果なのではないでしょうか。一方、教育費は「専業主婦」の世帯が約26,000円、「妻の月収8万円未満」の世帯が約27,000円と他の世帯と同じか、むしろ高いくらいでした。これは、子育て中で教育費はかかるけれども、妻が働ける時間が少ない世帯なのだろうと思います。

「教養娯楽費」は、「自営業等の妻」の世帯が最も多く、月約36,000円かけています。例えば、フリーランスでデザインやIT系の仕事をしている方などは、「情報収集のために書籍代がかさむ」と話される方も多いので、その影響もあるかもしれません。(自営業なら、家計からではなく、経費になるかもしれませんが……)
 

共働き世帯は、おこづかいが多い?

気になる「おこづかい」については、約12,000円~約16,000円で、思ったより大きな差はありませんでした。けれども、美容院や化粧品などを含む「その他の消費支出」にかけるお金が、「専業主婦」:約54,000円、「月収8万円未満」:約63,000円、「月収8万円以上」:約73,000円、「自営業等」:約75,000円と、妻の働き方によって1万円以上異なることが分かりました。

「仕事で忙しい分、お肌や身体に疲れも出やすいから、しっかりケアをしたい」という女性の想いが表れているような気がします。
 
自分を労わる予算も大切です。

自分を労わる予算も大切です。


この他、ふと目についたのが「仕送り金」です。仕送りというと、「大学等に通う子供への仕送り」のイメージがあります。共働き夫婦が多い、といわれる北陸や東北地方の方などは、「行きたい大学が通える範囲にないので、仕送りの予算も備えたい」と考える方が多いです。

一方、都心に住む共働き夫婦でも、仕送りをするケースがあります。それは、「実家の両親への仕送り」です。「今は、故郷の両親へのおこづかいとして送っていますが、将来は介護支援用になるかも」という方もいらっしゃいました。

1年の始めに「今年こそ家計管理をしっかりしよう」「○○万円、貯蓄をする!」など、目標を立てた方もいらっしゃると思います。この統計データは、あくまでも全国平均ですが、皆さんの家計の見直しの目安として、参考にしていただけたらと思います。

【関連記事をチェック!】
DINKSの食費、25年で1,200万円の差!
わが家の水道光熱費、多い? 少ない?見直し方法は?
電子マネーを見える化しよう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。