1~10年目11~25年
適用前109,470円113,178円


    1~6年目7~9年目10年目11~35年目
新特例109,470円54,428円90,887円95,624円

*7~9年目は、元金据置で利息のみを支払い、11年目から最長3年間適用される基準金利の延長を前倒しして適応したもの。

新特例をフルに利用すると、一時的に返済額はおよそ半額になります。しかし、この例で総返済額は600万円以上増加します。
 メリット・・・返済額が、とても減ります。
 デメリット・・返済総額は、すごく増加します。

新特例を利用するなら
・一時的救済措置で借金の先延ばしになる事を、理解しておきましょう。
・返済額を減らしているうちに、家族でライフプランを立て直し、できるだけ支出をおさえ収入を増やしましょう。
・教育費等がかかる時期と、住宅ローンの返済時期が重なることが多いので、家族で優先順位を考えて、無理の無いプランを作りましょう。
・延長された返済期間に応じた火災保険、団体信用保険の支払いが必要になります。

【お問い合わせ】
住宅金融公庫

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。