妊娠中から出産・育児でもらえるお金にはどんなものがあるでしょう。整理してみました。

妊婦健診の助成

妊娠・出産にまつわる助成はいろいろなものがある

妊娠・出産にまつわる助成はいろいろなものがある

妊娠がわかると、定期的に産婦人科で妊婦健診を受けます。厚生労働省では、原則14回までの無料化を打ち出しています。しかし、自治体によって助成回数や内容が異なります。

あなたの自治体ではどのような助成が受けられるのか、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

【参考】妊婦健診、自治体で異なる無料回数

妊娠中の自宅療養

知らない人も多いようですが、健保加入中の女性が、切迫早産や妊娠悪阻など妊娠中の異常で入院や自宅療養をしても、傷病手当金の対象になります。

【参考】妊娠中の自宅療養も傷病手当金の対象

出産育児一時金

出産は病気ではないので、正常分娩であれば、健康保険がきかず10割負担になります。

この費用をまかなうため、「出産育児一時金」があります。42万円(※)が支給されています。

(※)産科医療補償制度に未加入の医療機関で出産した場合、平成26年12月31日までの出産なら39万円、平成27年1月1日以降の出産なら40万4000円

【参考】助かる!出産育児一時金

出産手当金

産休中のお給料の代わりとして、仕事を続けるママがもらえるお金です。退職後6カ月以内に出産した方や、任意継続をした方はかつては対象でしたが、現在は給付対象から外れています。

【参考】働くママを助ける、産休中の「出産手当金」

育児休業給付金

育児休業給付金制度は、赤ちゃんを育てる会社員・公務員のママ・パパの休業中の生活を支援するためのもの。現在は最長1歳半まで育児休暇がとれるようになっています。

【参考】育児を助ける!育児休業給付金

また、育児休業中は社会保険料も免除されます。

【参考】育児休業等期間中の保険料免除