平均的な出産費用ってどれくらい?

はじめに、一般的な病院や診療所、助産院などで出産した場合、費用がどのくらいかかるのか、厚生労働省の調査結果からご紹介します。

まずは施設別の出産費用です。医療体制がしっかり整っており、帝王切開など行える「病院」の平均金額が最も高くなっています。

施設別出産費用

病院と助産院では約3万円の開き


次は、都道府県別の出産費用をランキング形式でまとめたものです。

都道府県別出産費用

東京都が突出して高い


今回のテーマであるセレブ病院が名を連ねる東京都だけ、ぐっと平均値が高いのが分かります。また、すべてのデータを並べて中央に位置する「中央値」で比較しても他県よりも高いので、東京都ではセレブ病院以外でも費用が高めのようです(全国平均の中央値:46万5000円 東京都の中央地:54万3215円)。

出産する時には、この入院費用に加え、計14回前後の健診費用や各種検査費用もかかります。これらは施設によって大きく開きはあるものの、トータルで約10万円前後。入院費用と合わせて約50万~62万円かかりますが、出産育児一時金など自治体や社会保険からの支給を受けられるので、実際の負担額はだいぶ楽になりそうです。

一方、セレブ病院の出産費用は100万円近く!?

それでは、いよいよセレブ病院でかかる費用をみていきましょう。

平均費用が突出して高い東京都の中でも、出産費用が100万円近くにのぼるといわれるセレブ病院。代表的な3院が南麻布の愛育病院、赤坂の山王病院、築地の聖路加国際病院です。どこも皇族の方や芸能人が「○○病院で産んだ」と話題にのぼるような病院。「ここで産みたい!」と憧れている女性も多いのではないでしょうか?

愛育病院での出産にかかる費用

愛育病院HPに詳細の費用が公開されていますので、一部抜粋して紹介します。実際は妊婦さんの状況によって必要になる項目が異なりますので、参考程度にご覧ください。

愛育病院でかかる出産費用

皇室の方の出産で話題になった


一般的な検査数種類と14回の健診、そして立ち会いで正常分娩後、2万5000円の個室で4日入院したケースで試算すると、健診時に約13万円、入院時に約80万円と合計93万円という結果が。実際にはこれ以外にも麻酔分娩をしたり、新生児の様々な検査があったりと、やはり100万円近くになりそうです。

山王病院での出産にかかる費用

山王病院は費用をHPで公開していないため、山王病院で出産した友人数名に聞き取り調査をしてきました。

山王病院の特徴は、全ての部屋が豪華な個室ということ。そのため、個室代金が多くかかります。家族は面会時間に関係なくいつでも付き添え、パパもソファベッドでママのそばに付いて、赤ちゃんと一緒に時間を過ごせるのは嬉しいですね。

また、和痛分娩を推奨していることも大きな特徴で、和痛または無痛分娩を選択すると、約10万円追加でかかるとか。病院のロビーも個室も食事もすべてがホテルライクであり、費用は100万円以上と破格ではありますが、出産の思い出がとても良いものになったと、後悔している友人はいませんでした(愛育病院で産んだ友人も数名いますが、やはり後悔していなかったです)。

聖路加国際病院での出産にかかる費用

聖路加国際病院の大きな特徴は、陣痛から分娩、回復までを1つの部屋で過ごせる「LDR部屋」がたくさん用意されていること(陣痛室から分娩室へと移動するのが一般的です)。

ほぼ全員の妊婦さんがLDRで出産でき、決して派手ではなくアットホームなお産ができると人気です。費用はやはり、健診と合わせて80万~100万円はかかるようです。

セレブ病院について費用や特徴をみてきましたが、どの病院も費用に見合うホスピタリティで「払ってでもここにして良かった」と思うママが多いものです。女性にとってそう何度も体験するわけではない出産入院。思い出に残る出産のために、こうした病院を選ぶのもまた悪くないのではないでしょうか。

もちろんどの病院で産んでも、自治体や雇用保険、健康保険から支給されるお金で半額近くはまかなえます。ただし、入院中に母子どちらかの体調が悪化して入院期間がのびた場合や、帝王切開になった場合などは、費用はさらに上がります。経済的に余裕がない方にはもちろんおすすめできません。

出産後は赤ちゃんにお金がかかります。決して無理のないよう、どこにお金をかけようかパパとよく話し合って、出産する病院を選びたいものですね。

【関連記事】

自然分娩・帝王切開・無痛分娩…出産費用はいくら?
出産したら医療費控除で還付金をゲット
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。