出産育児一時金とは?

妊娠・出産は本来は全額自費。そこで頼りになるのが出産育児一時金!

妊娠・出産は本来は全額自費。そこで頼りになるのが出産育児一時金!

妊娠・出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、全額自費になります。

健康保険法等に基づく給付として、まとまった支出となる出産費用として一定額が支払われるのが、「出産育児一時金」です。

 

受け取れる金額は?

健康保険に加入、または被扶養者になっていて、妊娠4カ月以上で出産した人は、子ども1人につき42万円が受け取れます。

ただし、「産科医療補償制度」の対象にならない出産の場合は40万4000円(平成27年1月以降の出産分)になります。

また、双子なら2倍の84万円です。双子の場合は、出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、担当医から多胎であることを記入してもらうことを忘れずに! 子供の人数分の用紙が必要なこともあります。

勤務先の健康保険によって、あるいは国民健康保険でも住んでいる自治体によっては、「付加給付」がついて42万円プラスアルファが給付される場合もあります。

ちなみに、妊娠85日以上で残念なことに死産もしくは流産となった場合でも、この「出産育児一時金」の支給対象になります。

対象者や手続き方法については次ページへ>>