子育て支援として、子どものいる世帯に支給される児童手当ですが、実は生まれ月によってもらえる額が異なります。最大では11万円もの差になります。

児童手当、子ども1人に1万円~1万5000円

誕生月で子ども手当の金額が違うのは、問題だよね!

児童手当は教育資金にとっておいてね、ママ・パパ!

何かとお金がかかる子育てを支援するため、子どもを育てる世帯に、児童手当が支給されています。

現在、受け取れる児童手当の額は次の通りです。

<児童手当額>
○3歳未満: 月額1万5000円
○3歳以上小学校修了前
(第1子・第2子): 月額1万円
(第3子以降):月額1万5000円
○中学生: 月額1万円
○当面の特例給付: 月額5000円(所得制限で児童手当が受け取れない場合)
※所得制限額は960万円(夫婦+子2人世帯)が基準。
所得制限については「児童手当、そこが知りたい!」を参照ください。

児童手当の手続き等

児童手当は年3回(2月、6月、10月)、その前月分までの4カ月分が支給されます。児童手当の支給を受けるためには、住んでいる市区町村(公務員の場合は勤め先)への申請手続きが必要です。

支給開始は申請の翌月分からとなります。申請が遅れてしまった場合は、さかのぼって受け取ることはできませんので注意しましょう。お子さんが生まれたら、速やかに手続きをすることが大事です。

振込み口座として指定できるのは、受給者名義の普通預金口座に限ります。 子ども名義では受け取れません。手続きの詳細については、住んでいる市区町村に問い合わせましょう。