オーディオ機器は、メーカー毎に、音質、デザイン、使い勝手などの面で個性があります。一度気に入ると、同じメーカーの製品を購入し続ける人も少なくありません。今回は、各メーカーの個性と最新トレンドをご紹介します。

オーディオテクニカ
ソニー
パイオニア
パナソニック
JVC(ビクター)
BOSE (ボーズ)
SHURE (シュア)

オーディオテクニカのヘッドホン・イヤホン

日本を代表するオーディオアクセサリーメーカー。ヘッドホンでは、ほぼ全てのタイプで充実したラインナップを誇ります。
重低音の再生を重視した「SOLID BASS」技術がポイントです。

【特徴的なモデル】
・ATH-CKS770

「SOLID BASS」システムを搭載した中級機。手頃な価格で、ブラック、ブラックレッド、ホワイトの3色をラインナップしています。

ソニーのヘッドホン・イヤホン

振動板やドライバーの自社開発、研究による装着感の向上など、音質や使い勝手を重視したモデルを多数ラインナップしています。

【特徴的なモデル】
・MDR-EX750

ソニーがカジュアルさとハイコストパフォーマンスを目指した新インナーイヤーヘッドホンラインナップ"h.ear in"。本機はそのコンセプトにもとづき、洗練されたデザインとハイレゾ対応の高品位な音質を、リーズナブルな価格で実現。

パイオニアのヘッドホン・イヤホン

音を通じて新しい文化の創造に取り組む風土を持ち、現在はストリート系ダンスを盛り上げる製品を多数ラインナップしています。

【特徴的モデル】
・SE-MJ732

ストリート系ダンスを意識した重低音サウンドとクールなデザインで、若者のファッションアイテムとしても人気です。

パナソニックのヘッドホン・イヤホン

入門モデルから中上級まで充実したラインナップで、価格、デザイン、性能のバランスに優れています。

【特徴的なモデル】
・RP-HTX7

レトロ調デザインが特徴。2006年に発売以降も根強い人気です。

JVC(ビクター)のヘッドホン・イヤホン

「木」をテーマにした、温もりのある外観と音が特長。長年のオーディオ開発で培われてきた技術も確かで、根強いファンが多い。

【特徴的なモデル】
・HA-SW02

木の振動板を採用したハイレゾ対応ヘッドホン。本体の美しい木目や天然木ならではの風合いから、所有する悦びも味わえる。

BOSE(ボーズ)のヘッドホン・イヤホン

ヘッドホンでは、ノイズキャンセリングタイプで長い歴史を持ち、騒音低減効果とオーディオ音質の良さで定評があります。最近ではインイヤー型も投入しています。

【特徴的なモデル】
・QuietComfort 20i (iOS端末向け)

ノイズキャンセリングタイプで定評のある「QuietComfort」シリーズでは初となるインイヤー型。オーバーヘッド型にも引けを取らない驚異の騒音低減効果で、注目のモデルです。(Windows, Android端末向けのQuietComfort 20も有り)

SHURE(シュア)のヘッドホン・イヤホン

アメリカで創業し、プロ用マイクでダントツのシェアを誇る老舗ブランド。プロミュージシャンのステージ用ヘッドホンから生まれた「E2c」は、手頃な価格とiPodブームに乗り、カナル型の良さを世界に広めました。現在では民生用として、デザイン性に優れたSEシリーズをラインナップ。予算に合わせて選ぶことができます。

【特徴的モデル】
・SE53LTD

3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、豊かな低音から繊細な高域まで、バランス良く高品位に再生するSE535をベースに、音楽をより楽しめるファインチューニングを施したリミッテッドバージョン。筆者も愛用中です。

 

■関連記事
聞くジャンルで選ぶヘッドホン・イヤホン
聞く場所で選ぶヘッドホン・イヤホン
機能で選ぶヘッドホン・イヤホン
タイプ(形)で選ぶヘッドホン・イヤホン


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。