男の料理/男の簡単料理

ガレット(そば粉のクレープ)

そばというと日本食のイメージが強いですが、フランスのブルターニュ地方でも、そば粉は日常的に食べられています。この料理はその代表的なものです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガレット(そば粉のクレープ)

カテゴリー:ご飯・麺・粉物ガレット

 

ガレット(そば粉のクレープ)

そばというと日本食のイメージが強いのですが、フランスのブルターニュ地方でも、そば粉は日常的に食べられています。この料理はその代表的なものです。 ポイントは生地を混ぜた後、一晩おくこと。そうしないと、うまく広げることができません。またかなりの強火で焼くと、現地の味に近くなります。  ブルターニュ特産のりんごのお酒、シードルと合わせると、いっそうおいしく食べられますよ。

ガレットの材料(7~10枚分

ガレットの材料
そば粉 200g
薄力粉 50g
500cc
小さじ1/2
1個
バター 20g

ガレットの作り方・手順

ガレットの作り方

1:

そば粉と薄力粉、塩、卵をボールに入れ、水を少しずつ加えながらよく混ぜる。

2:

フライパンにバターを入れて火にかけ、溶けたら1のボールに加えて、すぐによく混ぜ合わせる。

3:

生地を漉し器やざるで漉してダマを取り除き、、そのまま冷蔵庫で一晩おく。

4:

溶かしたバターを薄くひいたフライパンを中火にかけ、薄煙があがったら、普通のクレープを焼く要領で3の生地を広げる。

5:

2か所を折って扇形にして、ひっくり返し、生地が焼けたら完成。ジャムや蜂蜜を塗って食べる。

更新日:2009年10月01日

(公開日:2009年09月25日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する