藤田 聰

キャリアプラン・リーダーシップ ガイド 藤田 聰

ふじた さとし

危機意識を与え、新たな行動を習慣化させる変革のプロフェッショナル

能力・キャリア・リーダー開発のエキスパート。IBM、PAOS等を経て起業。大手企業を中心に、15年間で150社、延べ50万人以上の能力評価を実施してきた。

ガイド記事一覧

  • 現代の経営の神様-稲盛和夫のリーダーシップの本質

    現代の経営の神様-稲盛和夫のリーダーシップの本質

    稲盛氏の数ある著書の中から、ロングセラーになっている『生き方-人間として大切なこと』をベースに、稲盛氏が捉える「熱意」と「考え方」について学んでいきたいと思います。成功の方程式、人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力でまとめていきます。

    掲載日:2015年06月15日リーダーシップ
  • 自己責任ベースのキャリアデザインの時代へ

    自己責任ベースのキャリアデザインの時代へ

    キャリアデザインとは、自分の仕事人生のプランを自ら設計していくことです。日本では"サラリーマンの時代"に終焉を迎えた21世紀に入り重要視されるようになりました。自己責任で自己選択するという前提のキャリア開発が今の時代の主流。自身で自律的に設計し実行する「キャリアデザイン」という能力が個々人に求められるようになったのです。

    掲載日:2015年05月26日キャリアプラン
  • 世界を相手にした経営者-盛田昭夫氏のリーダーシップ

    世界を相手にした経営者-盛田昭夫氏のリーダーシップ

    今回は現SONY(東京通信工業)の創業者の一人、現在でもグローバルリーダーの象徴と称される盛田昭夫氏からリーダーシップを学んでみたいと思います。

    掲載日:2015年05月25日リーダーシップ
  • 稼ぐ力-キャリア形成への新しい視点とは

    稼ぐ力-キャリア形成への新しい視点とは

    インターネットを軸とするデジタル情報社会では、事業やサービスの栄枯盛衰も激しく、10年も経てば、高業績企業ランキング、ヒット商品も大きく様変わりする世の中です。このような社会では、どんな仕事に就くにせよ、「稼ぐ力」が必要です。では、稼ぐ力を醸成するために求められることは何でしょう?

    掲載日:2015年05月14日キャリアプラン
  • 新入社員の五月病対策にも有効!? SL理論とは

    新入社員の五月病対策にも有効!? SL理論とは

    SL理論(Situational Leadership Theory)とは、1977年にハーシィとブランチャードが提唱したリーダーシップ状況適応理論の1つです。部下の成熟度によって、有効なリーダーシップスタイルが異なるという前提に立っています。リーダーは組織集団の“成熟度”に応じて、異なるスタイルを柔軟に使い分ける必要があると提唱しています。

    掲載日:2015年04月28日リーダーシップ
  • 世界的企業に育て上げた本田宗一郎氏のリーダーシップ

    世界的企業に育て上げた本田宗一郎氏のリーダーシップ

    今回はホンダを一代で世界的大企業にした人物として名高い、本田技研工業の創業者である本田宗一郎氏からリーダーシップを学んでみたいと思います。心掛けや経営方針は長の付くリーダーであれば参考になることでしょう。

    掲載日:2015年04月16日リーダーシップ
  • 働き方革命を実践!20年後のキャリアを想像しよう

    働き方革命を実践!20年後のキャリアを想像しよう

    近未来を予測しながら自分のキャリアを考えることがより重要になってきます。特に、20代、30代のこれからのビジネスパーソンは10年後、20年後に起こりえる現実を想像する力が求められるのです。

    掲載日:2015年04月16日キャリアプラン
  • 職種別採用が主流に!? 近未来を見据えた上での働き方

    職種別採用が主流に!? 近未来を見据えた上での働き方

    昨今の新聞等、マスコミ記事で最も多いキーワードの一つは「働き方革命」や「働き方改革」でしょう。企業も個人も新しいワークスタイルを模索しています。特に、ここ1年間、かなりの変革スピードで新しい世界への扉が開かれようとしています。そんな中、近未来を見据えた働き方を考えることが求められます。

    掲載日:2015年03月24日キャリアプラン
  • 世界に通じるリーダーシップの極意とは

    世界に通じるリーダーシップの極意とは

    過日、宇宙飛行士の野口聡一氏が「チームの力を引き出すためのリーダーシップ」について講演されました。グローバルでリーダーシップを発揮するためには、日本人初の船長に抜擢された若田光一さんのような「傾聴力」や「結束力」や「協働力」を活かすことが求められることでしょう。

    掲載日:2015年03月24日リーダーシップ
  • 長い人生でキャリア開発に必要な2つのエンジンとは

    長い人生でキャリア開発に必要な2つのエンジンとは

    企業内研修やパーソナルコーチング等の仕事を通じ、ビジネスパーソンのキャリア開発の仕事に携わっています。キャリアを開発する上で、大きく2つのエンジンがあります。-それは”将来、こうなりたい”という「ビジョン」と、”今、これをしなければならない”という「ミッション」です。

    掲載日:2015年03月20日キャリアプラン