ノンフリート等級制度で自動車保険の割引・割増が決まる

自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは?

私たちが加入している自動車保険はノンフリート等級制度に基づいて、個々の契約の割引や割増が決められています。

ノンフリート等級制度における自動車保険の契約とは、契約者が所有または使用する自動車の総台数が9台以下の契約のことを言います。「ノンフリート=フリートではない」ということですので、自動車保険にはフリート契約というものも存在します。

自動車保険の「フリート契約」とは自動車が10台以上の契約を指し、割引や割増の考え方はノンフリート契約とはまったく異なります。一般的には、法人における契約が対象とイメージしてください。通常、個人が自動車保険に加入する場合は、ノンフリート等級制度における契約となります。

ちなみにノンフリート等級制度でも自動車が複数台ある場合、契約を一つにしてさらに割引を使う制度を「ノンフリート多数(割引)」といいます。「ノンフリート等級制度」とは、自動車保険を考える上で重要なポイントです。今回は自動車保険とノンフリート等級制度について解説しましょう。

自動車保険のノンフリート等級制度の基礎

ノンフリート等級制度は、割引率(あるいは割増率)に応じてランク分けされており、このランクのことを「等級」と呼びます。等級は1等級から20等級までの20ランクあり、20等級が最も割引率が高く(63%割引)、1等級が最も割増率が高く(64割増)なります。

初めて自動車保険に加入する新規契約では、通常6等級から始まります。ノンフリート契約では原則、1年間の保険期間で事故がなければ1等級アップし、事故があればダウンします(事故の内容によって1事故につき3等級もしくは1等級ダウン)。

例えば現在8等級の人は、1年間事故がなければ翌年の契約更新時に9等級にアップします。逆に1回事故があれば、3等級ダウン事故の場合は5等級、1等級ダウン事故の場合には7等級となります。

●3等級ダウン事故

たいていの事故は3等級ダウン事故と考えてください。人身事故を起こした、車同士で衝突した、単独で電柱にぶつかったなど、これらのケースは3等級ダウン事故です。

●1等級ダウン事故
1等級ダウン事故は車両盗難、台風・竜巻・洪水・高潮、いたずらなど車両への直接の人的行為、飛来してきた小石などの衝突等が該当します。

●ノーカウント事故
ちなみに「ノーカウント扱い」となる事故もあり、この場合は事故で保険を利用しても事故にカウントされません。人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険のみ請求する場合や代車費用特約の請求、弁護士費用特約、ファミリーバイク特約などの請求などが該当します。

このように、ノンフリート等級制度の割引に影響する事故といっても3種類あり、事故の内容によって割引率や割増率への影響が異なるわけです。

自動車保険のノンフリート等級制度改定の主な内容

2012年10月より、大手損害保険を中心にノンフリート等級制度が改定されました(通販は約半年遅れ)。従来、事故があっても等級据え置き扱いだった事故は廃止となり、代わりに前述の1等級ダウン事故が新設されています。

3年程度に及ぶ経過措置期間が過ぎて本来使われる本則が2015年10月から適用されています。

改定後の制度では、ノンフリート等級は「無事故等級」「事故有等級」の2つに区分されています。そのため、事故のない契約者用の無事故等級と、事故があった契約者用の事故有等級が適用されています。

無事故等級と事故有等級では等級によって違いがありますが、同じ等級でも10%程度から最大20%以上、割引率に差があります。例えば、無事故等級の10等級(45%割引)と事故有等級の10等級(23%割引)では、同じ10等級でも割引率に差がでてくるのです。

自動車保険のノンフリート等級制度とは?

自動車保険のノンフリート等級制度とは?



また、事故有等級は3等級ダウン事故1件につき3年間、1等級ダウン事故1件につき1年間適用されます。複数の事故があった場合は最長6年間適用です。

割引率の差を考慮すると、事故で自動車保険を利用しないケースは増えてくるでしょう。実際にこの制度になってから自動車保険を利用するかの損益分岐点は高くなりました。

無事故でノンフリート等級を地道に進めていく以外、割引率が高くなる方法はありません。防ぎようのない事故もありますが、この仕組みをよく理解しておくことが必要です。

自動車保険の新規契約の等級及び事故が多い場合

自動車保険のノンフリート等級の仕組みを理解しましょう

自動車保険のノンフリート等級の仕組みを理解しましょう

等級による割引や割増も改正が入ることがありますので、上記の表のように、常にその等級なら○%割引(あるいは割増)と決まっているわけではありません。

新規契約で初めてクルマを購入して、自動車保険に加入する場合は6等級から始まるのは前述の通りです。しかしその場合、年齢条件の設定によって割引や割増が異なります。

例外としてセカンドカー割引(複数所有新規割引)摘要ができる場合には、上記の表の通り7等級からはじめることができます。この場合、1台目の自動車の等級が11等級以上であることが必要です。

逆に注意が必要なのは割増の契約です。こちらは最終的には1等級(64%割増)となり、ここから下はありません。保険会社によって対応は異なりますが、1等級になると自動車保険契約の引き受けにかなり制約が設けられたり、契約引き受け拒否となるケースもでてきます。

事故が多く、等級の低い人は要注意です。4等級以下であれば、3等級ダウン事故1件で翌年1等級になります。ノンフリート等級制度は、損保各社はデータをリンクさせています。そのため、保険契約をA社からB社に変更しても、従来の等級をそのまま次に契約するB社に引き継ぐことができるわけです。

当然、割増も引き継ぎますので、他社で2等級だった契約があったことを黙っていても分かります(ちなみに名義を夫から妻などにこっそり変えても同様)。13カ月は該当データが残っていますから、きちんと申告するようにしましょう。

なお、共済から自動車保険契約を損保に変える場合には、共済によって取り扱いが違います(ノンフリート等級制度の割引・割増率なども異なる)。割引の引継ぎができる共済、できない共済など色々です。

割引の引継ぎができても無事故であることの証明などを共済に別途取り付けをしたりする必要がでてくることもあるので、早目に必要な書類を確認するようにしてください。

自動車保険の基本的な仕組みであるノンフリート等級制度を理解することが、自動車保険のプランを考える重要なポイントになります。

【関連記事】
自動車保険に車両保険は必要かを考える
自動車保険、短期でも契約できる?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。