クルマを人に貸す・借りる場合の注意点を理解しておきましょう

クルマを人に貸す・借りる場合の注意点を理解しておきましょう

自動車保険は1年契約が最も一般的ですが、3年くらいまでの長期契約もあります。逆に、短期間(1カ月以内)の旅行の間、友人や知人などから自動車を借りる際などに、自動車保険の短期での契約ニーズがあります。

レンタカーの場合には、一般的に自動車保険はつけられていますが、補償が少ないケースもあります。借りる人がいくらか保険料を負担して補償を増やすこともできます。

知り合いからクルマを借りる場合、クルマの所有者が自動車保険に加入しているのがほとんどでしょう。その前提で、補償をつけて合理的に契約する方法や自動車保険の活用方法について考えてみたいと思います。自動車保険の短期契約という観点から解説していきます。

クルマの所有者の自動車保険を使わせてもらう

最も現実的な方法です。ただし自動車保険に、クルマの借主が運転することができない制限などの特約があるときには注意してください(年令条件や家族限定・夫婦限定・本人限定などの特約)。

この場合、一時的に条件を変えてもらい、差額の保険料を負担するのがいいでしょう。しかし、所有者にいちいち処理させる面倒をかけたり、事故があったとき翌年の保険料が高くなって申し訳ない、と感じたりすることもあると思います。

ドライバー保険に加入する

自動車を所有していない人が他人のクルマを運転する場合の保険です。基本は1年契約で、保険期間中に無事故であれば割引が進んでいくのは、通常の自動車保険と同様です。ただし、車両保険の付帯はありませんので注意しておきましょう。

借主が自動車保険に加入していれば、他車運転危険補償を利用

例えば、「クルマを持っているが、軽自動車なので長距離ドライブがキツイ」「狭いので知り合いの大きい自動車を借りる」ということもあると思います。

自分の自動車保険契約があれば、一般的にこうした特約はついていますので利用しましょう。自動車保険に加入しているなら、これで対応可能です。出かける前に契約内容を確認しておきましょう。