ネット銀行の取引、必需品はパソコンだけ?

ネット銀行で取引するには、パソコンに加え、プリンターもあると便利

ネット銀行で取引するには、パソコンに加え、プリンターもあると便利

インターネットで取引を行うのがインターネット銀行(以下、ネット銀行)です。ネット銀行には、店舗がなくインターネット取引だけのインターネット専業銀行と、店舗もあるがインターネット取引に力を入れている銀行があります。

前者は、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、大和ネクスト銀行。後者には新生銀行などが挙げられます。

また、地方銀行の中には、インターネット上にインターネット支店を開設しているところがあります。インターネット支店に口座を開いた場合は、原則、実在の支店窓口は利用できず、インターネットで取引を行います。

ネット銀行を利用するには、当然、インターネットに接続できるパソコンは必需品。さらに、あると便利なのがプリンターです。

なぜなら、ネット銀行では原則、通帳は発行されず、取引の記録はネット上で確認するからです。確認できるのは決められた期間で、例えば前々月分までなど。銀行によって、この期間は違ってきます。

安全に利用するために、また家計管理の点からも、銀行取引の記録は保存しておくのが鉄則です。(申し込めば、取引明細書を郵送してもらえる銀行もあります。ただし手数料が必要なことも)

毎月末に取引履歴を印刷またはダウンロードする

プリンターがあれば、月末に1カ月分の入出金や残高を印刷しておくことができます。1年後には、年間のお金の動きの記録が残ります。ネット銀行をメインバンクにする人には家計簿代わりに、ネット定期を中心に利用する人には資産簿の代わりになります。また、口座を開設するときの申し込み用紙を自分で印刷する銀行もありますから、プリンターがあると便利なのです。

多くの銀行では取引明細のダウンロードもできるので、紙に印刷するのが面倒なら、自分のパソコンにダウンロードしておけば、過去の記録を保存できます。

さて次は、自分に合うネット銀行の選び方です。次ページで詳しく説明します