バイク保険とクルマの保険について確認しましょう

バイク保険とクルマの保険について確認しましょう

プライベートはもちろん、通勤などでも渋滞知らずのバイクは重宝します。新たにバイクを購入する(した)予定の人はバイク保険の加入も考えているでしょう。

バイクは保険の引受上、転倒した際の破損や盗難などの危険が四輪のクルマとはまったく異なります。どんな保険でも危険度の高いものについては契約者のニーズも高いものです。

自動車の盗難なども多く話題になっていますが、盗まれやすさで言えばやはりバイクということになります。せっかく買ったバイクをほいほい盗まれたり、壊れてしまってはたまりません。バイク保険の盗難保険の部分に絞ってお話をしていきましょう。

バイク保険の基本

初めて保険のことを勉強する人のために、基本事項について確認しておきましょう。当ガイドサイトでも便宜上バイク保険という言葉を使っていますが、バイク保険の実態は「自動車保険」です。

自動車保険では保険を付ける対象車両の用途車種を指定します。それが例えば自家用普通乗用車なのか? 二輪自動車なのか? 原動機付自転車なのか? という違いです。

バイク保険の場合には用途車種が二輪自動車か原動機付自転車ということになります。正確な言い回しをすれば、バイクにつける自動車保険のこととご理解ください。この記事ではこのままバイク保険という言葉を使って解説していきます。

バイク保険の補償内容

前述のように基本は自動車保険ですから、補償の構成についてもこれと同様です。バイク保険の補償は以下の3つです。
  • 賠償責任保険
  • 傷害保険
  • 車両保険
一般的には対人賠償・対物賠償、そして搭乗者傷害保険を付帯する構成でバイク保険に加入している人が多いと思います(車両保険は未加入)。もちろんそれには理由があります