まとめ「せっかく使うお金!フル回転して有意義に使おう!」



節約とか貯金は大切です。しかし、私は大きな買い物を否定するわけではありません。使うときは贅沢してもいいですから、たくさんお金を使えばいいと思います。私も大きな買い物をするのは大好きです。大きな買い物をすると、やはり小さな買い物では得られない満足が得られることがあります。

ただし、たくさん使うときはお金を有意義に使わなければいけないと思います。使ったお金の分だけ、ちゃんと満足を手に入れてほしいのです。10万円使ったら10万円分の満足を、50万円使うなら50万円分の満足を手に入れたい。せっかく使った1万円で5千円くらいの満足しかない状態を「ムダづかい」というのです。1万円で1万円の満足、あるいはそれ以上の満足が得られればそれは無駄遣いではありません。

そして満足度はちょっとのヒントで大きく高めることができると思います。ここで紹介した6つのキーワードを考え直してみると、使ったお金の満足度を高める見直しができるのではないでしょうか。

「節約」「倹約」「ケチ」がすべてではありません。ただし、使ったお金についてはフル回転して満足できるようにしたいものです。

あなたの買い物が、あなたの満足を十分に満たして、それが明日の仕事のがんばりなどにつながりますように!



■もう一度読み返してみよう!
(前編目次)
  1)事前にじっくり検討しないお金の使い方
  2)使ったことを実感してないお金の使い方
  3)たいして使う理由がないお金の使い方
(後編目次)
4)感動や喜びのないお金の使い方
  5)発展性やつながりのないお金の使い方
  6)使った後で後悔するお金の使い方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。