2)使ったことを実感してないお金の使い方

また、お金をちゃんと使いこなしてない、始末が悪いお金の使い方として「使ったことを実感していない」使い方があげられます。何せお金を使ったことをあまり自覚していないわけですから、お金をきちんと使っているかは疑問ですよね。

実感できないお金の使い方としては、いくら使っているのか覚えていない買い物とか、自動引き落としなのをいいことに内容をチェックしていない出費などがあげられます。クレジットカードでの買い物や銀行口座からの自動引き落としにしている支出がここにあてはまると思います。

お金を1万円使うのはとても簡単です。しかし、1万円稼ぐのは大変です。正社員でも1日くたくたになって働かなければいけないでしょう。さらに、1万円を使わずに残しておいて貯めておくのはもっと大変なことです。そのとき、使ったことをきちんと実感できないお金の使い方をしていては、永遠にお金を貯めることはできません。

自動引き落としやクレジットカードは便利ですが、なんとなく引き落とされる買い物をしていないか、もう一度見直して「ああ、これだけ使ったのだな」ということをきちんと確認しておくようにしましょう。ちょっと確認しておけば、不要な支出が毎月引かれていることに気がつくかもしれません。使ったことを実感することで「ムダ」や「もったいない」が意識できるようになります。

使った金額を「実感」していない買い物は、ムダづかいかどうかも認識できません。お金をきちんと満足いくように使い切りたいと思う人は、使ったことをきちんと「実感」するようにしたいものです。

→「たいして使う理由がないお金の使い方」してません?次のページへ