こんな美味しさ初体験! レモンと愛玉の『豆花』で美容効果

檸檬愛玉豆花
食べるのはスプーンではなくレンゲ。レンゲだと豆花とシロップを同時にすくうことが出来て便利なんです。
皆さんは『豆花(トウホワ)』というデザートを知ってますか? 豆花は大豆から作られるデザートで、ちょっぴり絹ごし豆腐に似ています。つるりとした口当たりのデザートです。

なかでも今回ご紹介する『古早味豆花(グーザオウェイトウホァ)』の豆花は台北でも評判の美味しさ。観光客に人気があるメニューは、黒くて大きなタピオカをのせた『珍珠豆花(ツェンズートウホワ)』ですが、ここではあえて『レモン』に『愛玉』という台湾名物のゼリーを載せた『檸檬愛玉豆花(ニンモンアイユィトウホワ)』をご紹介します。

と言っても、お店のメニューに『檸檬豆花』はありますが、『檸檬愛玉豆花』というメニューはありません。これは『檸檬豆花』に『愛玉(アイユィ)』を追加でトッピングしたもので、お値段は50元(約180円)です。

古早味豆花のトッピング
トッピングは他にもプリンなどいろいろあります。
そもそも、そのトッピングに使われるというゼリーの愛玉って何? と思う方も多いでしょう。愛玉とは、同名の『愛玉』というフルーツに含まれているペクチン質を抽出してゼリーにしたもの。台湾で『愛玉』といえば果実そのものというよりは、多くはこの加工されたゼリー状のものを指します。愛玉は台湾人の好きなデザートの1つです。

愛玉には身体の火照りを鎮め、喉の渇きをいやす効果があると台湾では言われていて、夏の台湾には欠かせないデザートです。愛玉はそのままでは味がないので、多くの場合レモン味のシロップにつけて売られています。『古早味豆花』の檸檬豆花はもともと豆花に合うように濃い目のレモンシロップを使用しているので、これに愛玉をトッピングするととてもマッチして美味しいのです。

こちらが珍珠豆花。甘いものが好きな人向けのメニューです。
また、豆花は大豆イソフラボンを摂ることが出来るヘルシーフード。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると見られています。女性ホルモンは、キレイをキープするホルモンですから、美肌効果に期待大! 大豆食品といえば納豆や豆腐などで食べるのがポピュラーな日本人から見ると、デザートで大豆イソフラボンを摂ることが出来るなんて、ちょっと羨ましいですね。

そこで夏に豆花をいただくなら、『古早味豆花』の『檸檬愛玉豆花』がガイドのおすすめメニュー! 試してみてくださいね。

古早味豆花
古早味豆花の店先は、いつも人が絶えません。
<DATA>
■古早味豆花(グーザオウェイトウホァ)
  • 所在地:台北市民生西路210號
    (最寄り駅 MRT雙連駅)
  • TEL:(02) 2558-1800
  • 営業時間 :10:00~02:00
  • 定休日:旧正月



  • 次ページでは、具も栄養も盛りだくさんな、八宝冰をご紹介します!