台北名物! マンゴーかき氷(芒果冰)(移転しました)

永康15の超級芒果牛[女/乃]冰、160台湾元(約480円)はビッグサイズなので、2人で1つを食べる人が多い

永康15の超級新鮮芒果冰、160台湾元(約480円)はビッグサイズなので、2人で1つのお皿を分け合う人が多い

台北に行くなら絶対食べたい!と皆が口を揃えていうスイーツが、台北のマンゴーかき氷・芒果冰(マンゴービン)。永康街にあるマンゴーかき氷で有名な台北名物店「冰館(ビングァン)」は一時休業していましたが、新オーナーが店を引き継ぎ、「永康15」という店名に変えて再スタート。2012年5月に急遽閉店、同月に忠孝東路四段へ移転、Ice Monsterという英語名で再開しました。

「IceMonster」の人気メニューの超級新鮮芒果冰(スーパーフレッシュマンゴーかき氷 180台湾元)は、大きなお皿に氷と切りたての生マンゴー、その上にマンゴーアイスをのせて、その上にマンゴーシロップをかけた、まさにスペシャルスイーツ。マンゴーにはビタミンA・Eがたっぷり含まれていますので、美肌や美髪にもなれます。新しい店はカフェのようになり、椅子席があるので居心地も良くなりました。

遼寧街夜市にあるかき氷店にて。練乳をかけたうえにたっぷりのマンゴーが

遼寧街夜市にあるかき氷店冰不厭[木窄]にて。たっぷりのマンゴーが嬉しい

マンゴーかき氷は「Ice Monster」に限らず、マンゴーの季節であればあちこちのかき氷店で食べられます。町のかき氷店で食べる、練乳がけのかき氷にたっぷりマンゴーの果実をのせたシンプルなマンゴーかき氷も美味しいもの。永康街まで行く時間のない人は、ホテル界隈のかき氷店で味わってみてはいかがでしょう。

台湾名物と言っても過言ではないこのマンゴーかき氷は、残念ながら期間限定メニュー。マンゴーの収穫状況によって毎年変動しますが、およそ4月から10月くらいまで販売され、冬期は別の果物(イチゴなど)に変わります。この時期に台北に出かける方はぜひ食べてみて下さい。

<DATA>
■Ice Monster
住所:台北市忠孝東路四段297號
アクセス:MRT国父紀念館1番出口から歩いてすぐ


※1台湾元=3円で計算しています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。