台北市迪化街。ここは乾物、漢方薬、布地の問屋街で、古くは淡水河の運河を中心に栄えた場所。南京西路と交差する迪化街を右に曲がるとレンガ造りの店が目に入ります。ここからが乾物や漢方薬の問屋の始まり。右を見ると、布問屋が集まったビル「永樂市場」が。布地は中華柄(チャイナドレスなどに使えるシルク)など、とにかく豊富。欲しい柄があるかどうかは別として。今回は布問屋はさておき、乾物と漢方薬問屋の並ぶ迪化街を紹介しましょう。

迪化街は1段から2段まで、約2kmほど続く道。南京西路から民生西路を越えた辺りの500mほどの両側に問屋が軒を連ねています。地元の人が買い物に来る、現地でも安くて品揃えの豊富な魅力の場所、旅行者にとってもその魅力は同じです。

乾物とは、干しエビ、干し椎茸、フカヒレ、鮑、からすみ(烏魚子)、お茶、穀類、おつまみといった、伝統的な食品から、最近人気のドライフルーツやフラワーティーまで、量り売りされています。干し椎茸やフカヒレ、よくみないと産地が日本だったりしますので、買う場合は値段や品質を吟味して。歩きながら勝手につまみ食いする地元の人もいますが、節度をもって真似てください。恥ずかしい行為は日本だって台湾だって同じですから。

漢方薬店の奥には中医(東洋医学の医者)が診療所を開いており、本来はこの診療所で診察のあと、漢方薬の処方箋を書いてもらい、症状にあった漢方を調合してもらいます。言葉ができないと辛いので、言葉のできない人は「婦人病」「滋養」などと筆談で店員に尋ね、丸薬を購入するのが便利です。また、減肥茶、美顔茶と書かれて、何種類かの漢方薬がパックされたものが売られていますが、アレルギーなどある方は注意して購入ください。

女性に人気なのが、ビタミンEなどが豊富な緑豆をパウダーにしただけの洗顔パウダー。500g入りで70元ほどなので、自分で小分けにしてお土産にする人も多いです。

ドライフルーツやフラワーティーも量り売り。ドライフルーツは、タイやアメリカかの輸入品も多いので、産地を確かめて。フラワーティーは、バラやラベンダーが人気。台湾で採れる洛神花(ホオズキの花)も人気で、この花に湯を注いで少し甘くして飲みます。効能は、唾液や体液の分泌を促したり、脂肪を取り去ったり、疲労回復です(その他のフラワーティーの効能は、別表参照のこと)。

さて、肝心の買い方。量り売りが基本で、1斤(600g)が基準です。とはいえ、そんなに大量を購入することに不慣れな日本人旅行者は、紙に「我要買50元{イ分}」と書いて、買いたい金額を提示するのもよい方法です。この一角の価格はかなり安いので、大量購入以外での値引き交渉は難しいです。少量しか買わないのに半額にまけろ、というのは理不尽でしかありませんから気を付けてください。身振り手振りで買い物する、このやりとりを楽しめる余裕が必要です。
また、鞄の口を開けっぱなしにしていたり、商品に見とれる日本人客を狙うスリがいるので、この点も注意して。

次回は買い物以外の楽しみ方を紹介します。お楽しみに。

<データ>
台北市迪化街1段~2段(南京西路と民生西路の間)
台北駅からタクシーで5分。MRT雙連駅から徒歩18分。
問屋でもあるが小売りもしている店が並ぶ。営業時間は10:00頃~19:00頃、土日も営業している店もある。基本的にクレジットカードは不可。カラスミや高級食材を扱う店ではクレジットカードOKなこともある。言語は、みん南語(台湾語)、中国語。日本語や英語はほとんど通じない。

ページトップ


別表 主な種類と効能
種 類
効 能
種 類
効 能
洛神花(ホオズキの花) 唾液や体液の分泌促進、脂肪除去、疲労回復 菊花(菊) 眼をはっきりさせる、赤目や痛みの緩和、風邪の熱冷まし
薫衣草(ラベンダー) 安眠、リラックス 洋甘菊(西洋小菊、色は黄色) 便秘改善、眼の疲労回復、肺を養う
茉莉花(ジャスミン) 慢性胃炎 {王攵}瑰花(バラ) 肝臓や胃腸の保護、血液を増やす、血液循環の促進、生理不順
桂花(キンモクセイ) 咳止め、痰を切る、口の乾き、整腸、肺を養う 蓮花(ハスの花) 解毒、美白、シミを薄くする
薄荷葉(ハッカの葉) 痰を切る、精神安定、緊張をほぐす、胃を丈夫にする 馬鞭草(タマツヅラ) 偏頭痛、腸内洗浄、痩身減肥、(妊婦には不可)
決明子(ハブ茶。エビスソウの一種で種子を煎じて飲む) 胃腸の働きを活発にする、目の充血、目の疲れ 檸檬草(レモングラス) 鎮静、消化を助ける、脂肪酸の分解
霊芝 胃、十二指腸潰瘍、抗ガン作用、高血圧、糖尿病 杜仲葉 尿酸値を下げる、腰痛、肩こり、高血圧
川貝陳皮(バイモ&干したミカンの皮) 咳止め、痰を切る、消化を助ける、胃炎の予防 七葉膽(トチノキの近種) 糖尿病、脂肪酸、尿酸、尿毒、肝臓

ページトップ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。