透明度抜群のハナウマ湾で、トロピカルフィッシュと泳ごう!

エメラルドグリーンの海に白い砂浜、サンゴ礁の間で泳ぐ熱帯魚。ハナウマ湾は映画『ブルーハワイ』のロケ地としても有名

エメラルドグリーンの海に白い砂浜、サンゴ礁の間で泳ぐ熱帯魚。ハナウマ湾は映画『ブルーハワイ』のロケ地としても有名

ワイキキから車で約20分。オアフ島東南部に位置するハナウマ湾は、カラフルな魚たちに大接近できる島随一のシュノーケリングスポット。水の透明度、景観の美しさは、2016年の全米ベストビーチNo.1に輝くほど。波も穏やかで、小さな魚が波打ち際まで泳いでいるから、お子さんでも安心して楽しめますよ。

自然保護区として管理されたビーチ

スノーケリング初心者はリーフ内で。浅瀬でも十分楽しめる。サンゴで足を傷つけることもあるので、マリンシューズがあると安心

スノーケリング初心者はリーフ内で。浅瀬でも十分楽しめる。サンゴで足を傷つけることもあるので、マリンシューズがあると安心

ハワイ語で「曲がった砂浜(uma)の湾(hana)」という名前を持つハナウマ湾は、死火山の噴火口に海水が流れ込み、侵食してできた馬蹄形の入り江。青く澄んだ遠浅の海にはサンゴ礁が広がり、たくさんのトロピカルフィッシュが泳いでいます。そんな美しい自然を守るため、ホノルル市は自然保護区に指定。入場にはいくつか規制や注意事項があるんです。

ビデオ鑑賞後、坂を下ってビーチへ。坂を上り下りするトラムも運行(有料)

ビデオ鑑賞後、坂を下ってビーチへ。坂を上り下りするトラムも運行(有料)

一般のビーチとは違い、入場料(大人7.50ドル)が必要。入場には、入口にある海洋教育センターで環境保護に関するビデオ鑑賞が義務付けられており(約9分間、一度見れば1年間免除)、鑑賞後に坂を下ってビーチへ向かいます。ビーチでは、魚の餌付け、砂やサンゴ等の持ち出し、水溶性のサンオイルや日焼け止めの使用は禁止。サンゴ礁の上に立たない、歩かない。禁煙。閉園時間や毎週火曜の休園日にも気を付けてくださいね。

トイレやシャワー、ライフガードなど園内は管理が行き届き、シュノーケリングセットを貸出しするレンタルショップもあります。ただし、軽食や飲み物を扱うスナックショップは、坂の上にある海洋教育センター内のみ。必要な人はビデオ鑑賞時に購入を。

ハナウマ湾へのアクセスをご紹介します >>>次ページへ