天国の海という名のラニカイ・ビーチ

全米No.1ビーチに輝いたラニカイ・ビーチ。双子のモクルア島を眺めながらのんびり過ごしたい

全米No.1ビーチに輝いたラニカイ・ビーチ。双子のモクルア島を眺めながらのんびり過ごしたい

オアフ島東南部にあるラニカイ・ビーチは、オアフで一番美しいといわれるビーチ。閑静な高級住宅地の前に広がるのは、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜。ハワイ語で「天国(lani)の海(kai)」の名前を持つように、絵画のような美しい景色が待っています。
 

ビーチヘ抜ける11本の小道

小道の向こうには、エメラルドグリーンの海が! こちらは10番の小道

小道の向こうには、エメラルドグリーンの海が! こちらは10番の小道

人気のローカルタウン、カイルアに隣接する高級住宅地のラニカイ。その中心を通るモクルア・ドライブからのびる路地の先に、ラニカイ・ビーチはあります。ビーチへと続く小道(オーシャンアクセス)は、全部で11本。どの小道を抜けるかで、目に飛び込んでくる景色が変わってくるのが面白いところ。
 
3番目の小道「Ka'elepulu」の案内看板

3番目の小道「Ka'elepulu」の案内看板

小道にはそれぞれ名前が付けられていて、小道入り口に白い案内看板が立っています。ちなみに、カイルア・ビーチ側から2番目までは砂浜はなく、3本目から少しずつ砂浜が広がっていきます。海水浴をするなら、3~7番間の砂浜が良いでしょう。その後、8・9番目には砂浜はなく、10・11番目の砂浜は満潮時に海水で覆われてしまいます。
 

ラニカイ・ビーチは大人向けビーチ

隣のカイルア・ビーチよりも人が少なく、静か。特に平日がおすすめ

隣のカイルア・ビーチよりも人が少なく、静か。特に平日がおすすめ

ラニカイ・ビーチには、ライフガードやトイレ、シャワー、駐車場などの施設はありません。何もないぶん静かで落ち着いた雰囲気のビーチなのですが、日陰も少ないため、小さなお子さん連れの長時間の海水浴には向きません。木陰が多く、施設が整ったカイルア・ビーチパークがおススメです。

<関連記事>
カイルア・ビーチパーク/オアフ島
 

ラニカイ・ビーチへの行き方 ※通行止め情報に注意!

カイルア・ビーチから坂を上った所にあるラニカイ入り口の石の塔。バスの場合、ここを過ぎたバス停で下車。徒歩は左手のモクルアDr.ヘ

カイルア・ビーチから坂を上った所にあるラニカイ入り口の石の塔。バスの場合、ここを過ぎたバス停で下車。徒歩は左手のモクルアDr.ヘ

ラニカイ・ビーチまで行く手段はいくつかありますが、それぞれ気を付けたい点があります。まずは、ザ・バス、オプショナルツアーはカイルアタウンを、レンタカーはカイルア・ビーチパークを目指しましょう。

カイルアへの最短ルートであるパリハイウェイですが、2019年2月に起きた土砂崩れの復旧工事のために通行止めや片道通行の交通規制を行っています(公式情報サイト)。ザ・バスは、ルートを変更して運行中。レンタカーは、カラニアナオレ・ハイウェイを通る東海岸ルート、または、リケリケハイウェイやH3を通る山側ルートを利用しましょう。工事終了は、2019年11月末予定です。

<DATA>
Lanikai Beach(ラニカイ・ビーチ)
住所:Mokulua Dr., Kailua(Googleマップ
アクセス:下記参照
 

ラニカイ・ビーチヘの行き方1:ザ・バス

バス停近くのホールフーズ・マーケットなどを見学しながら時間調整を

バス停近くのホールフーズ・マーケットなどを見学しながら時間調整を

2019年8月18日からカイルア方面バスルート番号が変更となります。以下は、変更後のアクセス方法です。各ルートの時刻表とルートマップは、ザ・バスのウェブサイトでご確認ください。

ワイキキ・クヒオ通り山側バス停から8・19・20・23・42番でアラモアナセンターへ。センター海側バス停(始点はセンター山側バス停)で67番ルートに乗り換えて約45分。カイルアタウンのバス停「Kailua Rd+Hamakua Dr」で下車後、ラニカイビーチ行きの671番ルートへ乗り換えて、ラニカイエリア入り口のモクルア・ドライブとアアラパパ・ドライブのふたまた道付近バス停「Aalapapa Dr+Opp Mokulua Dr」まで約10分。下車後、徒歩で小道のあるモクルア・ドライブへ。運賃は、片道大人2.75ドル、子供(6~17歳)1.25ドル。1日乗り放題ワンデーパスは、大人5.50ドル、子供2.50ドル。

ただし、671番ルートは、1時間~1時間30分に1本の運行のため、タウン散策など時間調整が必要です。カイルアタウンからUberやレンタサイクル(カイルア・ビーチパーク紹介記事参照)などを利用する方法もあります。

<関連記事>
ハワイを走る路線バス「ザ・バス」の乗り方・料金
 

ラニカイ・ビーチへの行き方2:レンタカー

カイルア・ビーチパークの一番ラニカイ寄りに駐車して歩こう

カイルア・ビーチパークの一番ラニカイ寄りに駐車して歩こう

ラニカイ・ビーチには駐車場はなく、警察による路上駐車の取り締まりも行われているため、レンタカーはカイルア・ビーチパークのラニカイ寄り駐車場にとめて歩いて行くのが一般的。バス通りの坂道を上がって約15分。砂浜つたいに歩くことはできません。

ワイキキからカイルア・ビーチパークへの最短ルートは、H1フリーウェイ西行きからパリハイウェイ経由で山越えするルートで、ワイキキからカイルアタウンまで約30分。ハワイカイやマカプウ岬など東海岸の名所を通るカラニアナオレ・ハイウェイコースは、約1時間です。駐車場がいつも混雑していので、朝早く到着するのがおススメです。

<関連記事>
ハワイでレンタカー 予約方法や現地の交通マナー
 

ラニカイ・ビーチへの行き方3:オプショナルツアー

ラニカイ・ビーチ、カイルア・ビーチでは、商用車の乗り入れが禁止されています。そのため、ワイキキ~カイルアタウンへの送迎ツアー(相場約20ドル~)に参加して、タウンからビーチまでは、レンタサイクル(カイルア・ビーチパーク紹介記事参照)やザ・バスで移動しましょう。レンタサイクル付きの送迎ツアーもあるので、内容をじっくりチェックしてから申し込みを。
 

ラニカイ・ビーチへの行き方4:Uber(ウーバー)

最短ルートのパリハイウェイ経由で料金は約40ドル+チップ、所要時間は約35分。「Uber見積もりページ」を参考に。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。