アメリカ全土から選ばれる、ベストビーチ・トップ10

1990年の第1回ベストビーチで、No.1に輝いたカパルア・ベイ・ビーチ(画像手前の湾)。2016年は3位にランクイン(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

1990年の第1回ベストビーチで、No.1に輝いたカパルア・ベイ・ビーチ(画像手前の湾)。2016年は3位にランクイン(写真提供:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Tor Johnson)

毎年メモリアルデー(5月最終月曜)の前に発表される「アメリカズ・ベストビーチ」。フロリダ国際大学教授であり、環境科学で博士号を取得しているDr.ビーチこと、ステファン・レザーマン博士がアメリカ全土の650ものビーチを歩き、砂質や水質、水温、騒音、衛生、保安等、50の評価項目について調査。その年のベストビーチ・トップ10が決定します。ガイドブックに「全米No.1に輝いた○○ビーチ」とコメントがあるのは、このベストのこと。ハワイのビーチも毎年選ばれているんです。

2016年は、オアフ島ハナウマ・ベイが再び全米No.1に!

遠浅の海で波も穏やかなハナウマベイ。ビーチは管理が行き届き、初心者や子供でも安心して楽しめる

遠浅の海で波も穏やかなハナウマ・ベイ。ビーチは管理が行き届き、初心者や子供でも安心して楽しめる

2016年のトップ10には、ハワイから2つのビーチがランクイン。1位にオアフ島ハナウマ・ベイ自然保護地域、3位にはマウイ島カパルア・ベイ・ビーチがランクインしました。

ハナウマ・ベイ自然保護地域は、カラフルな魚たちが泳ぐオアフ島随一のスノーケリングスポット。美しい自然を守るため、入場にはいくつか規制や注意事項があります。紹介記事はこちら>>>ハナウマ湾(ハナウマ・ベイ)の行き方・攻略法

カパルア・ベイには、高級リゾートのモンタージュ・カパルア・ベイが建つ

カパルア・ベイには、高級リゾートのモンタージュ・カパルア・ベイが建つ

3位にランクインしたカパルア・ベイ・ビーチ(=カパルア・ビーチ)は、マウイ島北部の高級リゾート、カパルア・リゾートに連なる入り江の1つ。こちらも波は穏やかで透明度が高く、サンゴや熱帯魚が生息する人気のスノーケリングスポットです。

実は、ハナウマ・ベイとカパルア・ベイは、過去に1位を獲得しています。昨年までは、一度No.1に選ばれたビーチは次回からランキング対象外となっていましたが、ベストビーチ選考がスタートしてから25年が経つこと、また、禁煙も選考条件に追加されたことから、これまで1位に輝いたビーチも再び選考の対象となりました(オアフ島では、法律によりビーチでの喫煙が禁止されています)。月日が経ち、ビーチの環境も変化した今、ラニカイ・ビーチやカイルア・ビーチがいつランクインしてくるのか注目ですね。

全米No.1を受賞したハワイのビーチ

オアフ島で一番美しいといわれるラニカイ・ビーチも、過去に全米No.1を受賞

オアフ島で一番美しいといわれるラニカイ・ビーチも、過去に全米No.1を受賞

2016年で26回目となるアメリカズ・ベストビーチ。これまでハワイのビーチがNo.1に輝いたのは15回(14か所)。1991年の第1回からNo.1に選ばれたハワイのビーチは次の通りです。ぜひ、全米No.1ビーチに出掛けてみてくださいね!

<全米No.1を受賞したハワイのビーチ>
1991年:カパルア・ベイ (マウイ島)
1993年:ハプナ・ビーチ州立公園 (ハワイ島)
1996年:ラニカイ・ビーチ (オアフ島) 紹介記事>>>ラニカイ・ビーチ/オアフ島
1997年:フロポエ・ビーチ (ラナイ島)
1998年:カイルア・ビーチパーク (オアフ島) 紹介記事>>>カイルア・ビーチパーク/オアフ島
1999年:ワイレア・ビーチ (マウイ島)
2000年:マウナ・ケア・ビーチ (ハワイ島)
2001年:ポイプ・ビーチパーク (カウアイ島)
2003年:カアナパリ・ビーチ (マウイ島)
2004年:ハナウマ・ベイ自然保護地域 (オアフ島) 紹介記事>>>ハナウマ湾/オアフ島
2006年:D.T. フレミング・ビーチパーク (マウイ島)
2008年:ハナレイ・ビーチパーク (カウアイ島)
2014年:デューク・カハナモク・ビーチ(オアフ島) 紹介記事>>>デューク・カハナモク・ビーチ&ラグーン/ホノルル
2015年:ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク(オアフ島) 紹介記事>>>ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク/オアフ島
2016年:ハナウマ・ベイ自然保護地域 (オアフ島) 紹介記事>>>ハナウマ湾/オアフ島
保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。