お土産に最適! 安くて美味しいハワイのコーヒー

同じコーヒーブランドでも豆のグレード、フレーバーなど種類もいろいろ

同じコーヒーブランドでも豆のグレード、フレーバーなど種類もいろいろ

ハワイの特産物であるコーヒー。専門店の上質な豆は20~30ドルと値が張りますが、スーパーマーケットやABCストアでも十分美味しいコーヒーが購入できます。セールに遭遇できたら、10%コナコーヒーブレンドとフレーバーコーヒーは、5ドル以下! 見た目が良くてコスパも高い、優秀なハワイ土産です。

<目次>  

これを選べば間違いなし! ハワイの3大コーヒーブランド

ハワイのメジャーコーヒーブランド。左からロイヤル・コナ・コーヒー、ハワイアン・アイルズ・コナコーヒー、ライオン・コーヒー

ハワイのメジャーコーヒーブランド。左からロイヤル・コナ・コーヒー、ハワイアン・アイルズ・コナコーヒー、ライオン・コーヒー

スーパーにズラリと並ぶコーヒーの袋。どれを選んで良いか迷ったら、この3つのブランドをおさえておけば間違いありません。価格は、コナコーヒーをどれくらいブレンドしているかで変わりますが、スーパーマーケットでは、10%コナブレンドとフレーバーコーヒーを4~7ドルで販売しています。 ※以下、ブランド紹介内の価格は、ウェブサイトの価格を掲載しています。

<関連記事>
コナコーヒーの生産地や等級、コーヒー豆を扱う専門店を紹介しています。
ハワイ土産の定番!コナコーヒー&フレーバーコーヒー
 

Lion Coffee(ライオン・コーヒー)

ライオン・コーヒーのウェブサイト。2018年5月にキャラクターとパッケージデザインがリニューアル

ライオン・コーヒーのウェブサイト。2018年5月にキャラクターとパッケージデザインがリニューアル

1864年にオハイオ州で創業し、ハワイに拠点を移したのが1979年。日本の輸入食材店でも見かけるライオン・コーヒーは、ハワイコーヒーの超定番ブランドです。100%コナコーヒーが1袋7oz(7オンス=198グラム)で19.95ドル。10%コナなら8.95ドルとお手頃価格。フレーバーコーヒーは5種類で、1袋10oz(10オンス=283グラム)で8.45ドル。カフェイン抜きのデカフェ、アンチエイジングが期待できる抗酸化物質が入ったアンチオキシダントリッチのシリーズも話題性があってオススメ。
 

Royal Kona Coffee(ロイヤル・コナ・コーヒー)

ロイヤル・コナ・コーヒーのウェブサイト。100%コナコーヒーは、ハワイのホテルやレストランでも提供されている

ロイヤル・コナ・コーヒーのウェブサイト。100%コナコーヒーは、ハワイのホテルやレストランでも提供されている

ライオン・コーヒーの兄弟ブランドで、フレーバーコーヒーも含めすべてのラインにコナコーヒーをブレンドしているロイヤル・コナ・コーヒー。100%コナが1袋7oz(198グラム)で21.95ドル。香りが控えめで上品な味わいのフレーバーコーヒーは、1袋8oz(227グラム)で8.95ドル。バニラクリームブリュレ、ホワイトチョコレート・ストロベリーなどレアなフレーバーに注目です。ほかに、ハワイのカリスマシェフ、アラン・ウォン、ロイ・ヤマグチ、ラッセル・シュー、サム・チョイとのコラボコーヒーも要チェック。 こちらは1袋8oz(227グラム)で9.95ドル。
 

Hawaiian Isles Kona Coffee(ハワイアン・アイルズ・コナコーヒー)

ローカルに人気のブランド、ハワイアン・アイルズ・コナコーヒーのウェブサイト

ローカルに人気のブランド、ハワイアン・アイルズ・コナコーヒーのウェブサイト

ライオン、ロイヤル・コナとともに、ローカルの定番であるハワイアン・アイルズは、すべてのラインにコナコーヒーを使用したコナブレンド。100%コナは1袋7oz(198グラム)で17.45ドル。10%ブレンドとフレーバーコーヒーは1袋10oz(283グラム)で7.25ドルとお手頃価格。フレーバーが控えめなので、初めてフレーバーコーヒーを購入する人にオススメです。
 

お土産には、甘い香りが漂うフレーバーコーヒー!

ライオン・コーヒーには、抗酸化物質が入ったアンチオキシダントリッチのフレーバーコーヒー(緑)も

ライオン・コーヒーには、抗酸化物質が入ったアンチオキシダントリッチのフレーバーコーヒー(緑)も

チョコレートやバニラ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツなど、ハワイを思い出す甘い香りのフレーバーコーヒー。「コーヒーがあまり得意じゃないけど、これなら飲める」という人も多いから、お土産選びに迷った時にどうぞ。ライオン・コーヒーでは、バニラマカダミア、チョコレートマカダミア、ヘーゼルナッツが人気のフレーバーです。
 

レア度の高いクリスマス限定コーヒーも

ハワイアン・アイルズのクリスマスパッケージコーヒー。可愛らしさで絶対買い!

ハワイアン・アイルズのクリスマスパッケージコーヒー。可愛らしさで絶対買い!

上記3大ブランドでは、毎年10月頃になるとクリスマス仕様のパッケージが登場します。また、バニラやキャラメル味をミックスしたクリスマス限定のフレーバーコーヒーを販売するブランドも。クリスマスシーズンしか出合えないレアなコーヒーは、ハワイ通のへのお土産に最適です。クリスマスプレゼントにもいいですね!
 

スーパーの会員価格を狙おう!

ロングス・ドラッグスにて。ライオン・コーヒーが会員価格3.99ドルに

ロングス・ドラッグスにて。ライオン・コーヒーが会員価格3.99ドルに

スーパーマーケットでリーズナブルに購入できるコーヒーですが、もっと安く購入できたら嬉しいですよね。ライオン・コーヒーの10%コナブレントとフレーバーコーヒーの場合、アラモアナ界隈のスーパーでは、1袋3.99ドルがほぼ底値。3.99ドルに遭遇できたら即買いをおすすめします。アラモアナセンター山側のドンキホーテでは、頻繁にセールを行っています。

アラモアナセンター内のロングス・ドラッグスでは、一般価格6.99ドルの10%コナブレンドとフレーバーコーヒーを、ロングス・ドラッグスのメンバー向けに3.99ドルで販売することも。ロングスでは、ライオン・コーヒー、ロイヤル・コナ・コーヒー、ハワイアン・アイルズのいずれかが3.99ドルのメンバー価格で購入できるようになっているようです。メンバー入会は旅行者もOKで、入会金・年会費は無料。レジで申し込み書に名前、住所、電話番号を記入すると、その場でメンバーズカードを発行してくれます。

<関連記事>
ロングス・ドラッグスの会員入会方法を紹介しています。
ハワイ・ショッピングの知って得する裏ワザ12選
 
<DATA>
DonQuijote(ドンキホーテ) カヘカ店
住所:801 Kaheka St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス8・19・20・23・42番でアラモアナセンター下車後、徒歩約10分。または、2番でセンチュリーセンター先のバス停から徒歩約5分。13番でカピオラニBlvd.×カヘカSt.交差点バス停から徒歩約3分
TEL:808-973-4800
営業時間:24時間

Longs Drugs(ロングス・ドラッグス) アラモアナ店
住所:1450 Ala Moana Blvd. アラモアナセンター 2階エヴァウィング山側(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス8・19・20・23・42番利用
TEL:808-941-4433
営業時間:6:00~23:00
​​​

ワイキキで購入する時は、内容量に気を付けて

ABCストアで扱うライオン・コーヒーは7oz。この日は5.39ドルで販売

ABCストアで扱うライオン・コーヒーは7oz。この日は5.39ドルで販売

ワイキキのABCストアでは、ライオン・コーヒーのフレーバーコーヒーを5~6ドルほどで販売しています。アラモアナのドンキホーテやロングス・ドラッグスと比べて高いだけではなく、実は、内容量も違うのです。ワイキキに並ぶフレーバーコーヒーの多くは、7oz(7オンス=198グラム)入り。ワイキキ外では、10oz(10オンス=283グラム)入りです。ワイキキのロングス・ドラッグスでは、10oz入りを6ドル弱で販売しています。ちなみに、日本での販売価格は、7oz入り1200~1500円が相場です。
 

こだわり派は、ホールフーズ・マーケットもチェック

ホールフーズ・マーケット クイーン店に入店しているコーヒーバー「アレグロ(Aregllo)」のコーヒー

ホールフーズ・マーケット クイーン店に入店しているコーヒーバー「アレグロ(Aregllo)」のコーヒー

高級オーガニックストアのホールフーズ・マーケットには、ハワイ各島のコーヒー豆を量り売りするコーナーがあり、店内のロースターで煎ったばかりのフレッシュな豆を欲しい量だけ購入することができます。グラインダーも用意されているので、その場で豆を挽くことも可能。また、ホールフーズ厳選の袋入りコーヒーも並んでいるので、こちらもチェック。ハワイ産は、「LOCAL」のサインが目印です。

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)クィーン店
住所:388 Kamakee St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からからザ・バス19・20・42番利用
TEL: 808-379-1800
営業時間:7:00~22:00
※オアフ島カイルア、カハラ、マウイ島カフルイにもある
 

グレードの高いコーヒーは、専門店で挽きたてを

ハワイを代表するコーヒー専門店、アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

ハワイを代表するコーヒー専門店、アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

自分土産や大切な人へのお土産として、コナコーヒー100%等の上質なコーヒーを探しているなら、こだわりのコーヒー豆を扱う専門店や農場が直売するファーマーズマーケットでの購入をおすすめします。コーヒー専門店やコーヒーの豆知識については、「ハワイ土産の定番!コナコーヒー&フレーバーコーヒー」記事で紹介しています。


ハワイのコーヒーが味わえるカフェはこちら>>>こだわりコーヒーが味わえるホノルルの最新カフェ事情
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。