ハワイ産のコーヒーの種類・ブランドはどれがおすすめ?

ハワイを代表するコーヒーブランド、アイランド・ヴィンテージ・コーヒー。コーヒー豆のグレードもさまざま

ハワイを代表するコーヒーブランド、アイランド・ヴィンテージ・コーヒー。コーヒー豆のグレードもさまざま

コーヒーがハワイの特産品なのは知っているけど、何を買っていいのかわからない、という人へ。ハワイで買えるコーヒーの種類と、ハワイを代表するコーヒーブランドをご紹介します。

<目次>  

世界3大コーヒーのひとつ、ハワイ島コナコーヒー

コナコーヒーは、ハワイ州によって厳しく規格管理されている

コナコーヒーは、ハワイ州によって厳しく規格管理されている

ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び、世界3大コーヒーとして知られるハワイのコナコーヒーは、苦味が少なく、柔らかな酸味と甘い香りが特徴です。コナコーヒーと呼ぶことができるのは、ハワイ島南西部コナ地区でのみ栽培されるコーヒーで、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という希少なもの。火山性の肥沃な土壌、昼夜の寒暖差など理想的な条件で栽培され、豆は手作業で収穫。さらに、ハワイ州の厳しい基準を満たした豆だけがコーヒーとして流通しています。
赤い豆の皮を剥いて焙煎することで、コーヒーに生まれ変わる

赤い豆の皮を剥いて焙煎することで、コーヒーに生まれ変わる

コナ地区を通るハイウェイは「コーヒー街道」と呼ばれ、コーヒー農園が並びます。コーヒー豆を販売する直売所、直営カフェのほか、無料の農園見学ツアーを行うところも。日本でおなじみのUCCコーヒードトールコーヒー、世界最大のコナコーヒ取引量を誇る精製所、ロイヤル・コナ・コーヒーセンターがあるのもこちらです。

<関連記事>
オーガニックのコナコーヒーを栽培する農園見学ツアーを紹介しています
コナコーヒー(マウンテンサンダー農園)を見学
 

コナコーヒーには等級がある

コーヒー豆はサイズが大きいほど完熟度が高く、まろやかな味になることから、豆のサイズで等級が決まる

コーヒー豆はサイズが大きいほど完熟度が高く、まろやかな味になることから、豆のサイズで等級が決まる

コナコーヒーを購入する際に気を付けたいのが等級と純度。豆の大きさ、欠点豆の割合など、ハワイ州が定める等級(高いものから エクストラファンシー、ファンシー、No.1、プライム)に格付けされています。格付けされた豆だけがコナコーヒーと呼ばれ、純度100%のものを「コナコーヒー」、10%以上使用したものを「コナブレンド」として販売しています。 100%コナが欲しい人は、パッケージに「100% Kona Coffee」と書かれているかチェックを。グレードの高いエクストラファンシー、ファンシーを使用している場合は、「100% Kona Coffee Extra Fancy」とグレードも明記しています。グレードの高いコーヒーは、コーヒー専門店(次ページ参照)での購入がおすすめです。
 
ライオン・コーヒー系「ロイヤル・コナ・コーヒー」ブランドのエクストラファンシー エステート。エステートとは1軒の農園の豆だけを使用したもの

ライオン・コーヒー系「ロイヤル・コナ・コーヒー」ブランドのエクストラファンシー エステート。エステートとは1軒の農園の豆だけを使用したもの

価格は、スーパーマーケットに並ぶ100%コナが1袋約200グラムで20ドル前後、10%使用したコナブレンドは8~10ドルが相場。コーヒー専門店では、100%コナのエクストラファンシーを約200グラム 30ドルほどで販売しています。
 

幻のコナコーヒー 「ピーベリー」

ライオン・コーヒー系「ロイヤル・コナ・コーヒー」ブランドのピーベリー。198グラム入り34ドルほどでリーズナブル。工場併設のショップにて

ライオン・コーヒー系「ロイヤル・コナ・コーヒー」ブランドのピーベリー。198グラム入り34ドルほどとリーズナブル。工場併設ショップにて

大切な人や自分土産にしたいのが、等級外にある最上級コナコーヒー「ピーベリー」です。通常、コーヒーの実には平らな2粒の豆が入っているのですが、稀に丸い豆が1粒だけ入っていることがあるそう。丸い豆は均一に焙煎することができるので、より深く濃厚な味わいになるといいます。日本ではなかなか手に入らないピーベリー。価格も1袋200グラムで45ドルほどという高級品です。 
 

コナだけじゃない! 世界が注目するカウコーヒー、プナコーヒー

マウイ島カアナパリのコーヒー畑 (写真協力:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Dana Edmunds)

マウイ島カアナパリのコーヒー畑 (写真協力:Hawaii Tourism Authority (HTA) / Dana Edmunds)

ハワイのコーヒーは、コナコーヒーだけではありません。実は、コーヒー生産量No.1は、ハワイ島を抜いてカウアイ島ハナペペ。オアフ島ノースショアのワイアルア、マウイ島のクラとカアナパリ、モロカイ島クアラプウでも栽培されています。
 
「ロイヤル・コナ・コーヒー」のカウコーヒー。スターシェフ、アランウォンとのコラボ商品

「ロイヤル・コナ・コーヒー」のカウコーヒー。スターシェフ、アランウォンとのコラボ商品

なかでもハワイ産コーヒーの新定番が「カウコーヒー」。ハワイ島最南端マウナロア火山の斜面に広がるカウ地区で栽培されるコーヒーで、オバマ大統領の就任パーティーで振る舞われたり、世界のコーヒー豆競技会で次々に入賞したりと話題に。コナコーヒーよりも酸味が少なくフルーティな甘さが特徴で、生産量も少ない希少なものです。また近年の注目は、ハワイ州の競技会で優勝したハワイ島プナ地区の「プナコーヒー」。ひと味違うお土産を!という人は、コーヒー専門店等でチェックを。
 

コーヒー通になれる! ライオン・コーヒー焙煎工場見学ツアー

ホノルルのカリヒ地区にあるライオン・コーヒーの工場とカフェ&ジェネラル・ストア

ホノルルのカリヒ地区にあるライオン・コーヒーの工場とカフェ&ジェネラル・ストア

ハワイの人気コーヒーブランド、ライオン・コーヒーとその兄弟ブランドのロイヤル・コナ・コーヒー、ハワイアン・アイランド・ティーを製造・販売するハワイ・コーヒー・カンパニーでは、工場内を見学できる無料の日本語ツアーを月曜から金曜に開催しています。
 
案内してくださるのは、日本人スタッフのミカさん

案内してくださるのは、日本人スタッフのミカさん

まずは、コナコーヒーが栽培されるエリアやコーヒー豆の等級などコナコーヒーの一般知識、そして、ライオン・コーヒーの歴史を学びます。その後、コーヒーの香りが漂う工場内へ。焙煎からフレーバーづけ、パック詰めまでの工程を歩いて見学します。日本でも見かけるライオン・コーヒーの製造工程を間近で見ることができるのは、とても貴重な体験。併設のカフェ&ストアでは、100%コナコーヒーやピーベリーなど希少なコーヒーも試飲して購入できます。

ツアー詳細と参加のための案内事項は、ウェブサイトで。小人数であれば、事前予約は不要です。なお、金曜日はメンテナンス日のために工場はフル稼働していません。

<DATA>
Lion Coffee Coffee Roastery Tour (ライオン・コーヒー焙煎工場見学ツアー)
開催日:毎週月~金曜10時30分、12時30分
住所:1555 Kalani St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス19・20・42番利用 ※ライオン・コーヒーウェブサイト参照
TEL:808-843-4291