ハワイの高級銘柄を扱うコーヒー専門店

カフェ併設の専門店なら、コーヒーの味を確かめることができる。画像はホノルル・コーヒー

カフェ併設の専門店なら、コーヒーの味を確かめることができる。画像はホノルル・コーヒー

100%コナの高グレードやピーベリーは、コーヒー専門店でどうぞ。ライオン・コーヒーの工場併設のカフェ&ストアでは、焙煎したばかりのフレッシュなコーヒー豆を購入可能。ワイキキやアラモアセンターにある「ホノルル・コーヒー」、「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」、「カイ・コーヒー」ならアクセスが良く、スイーツと一緒に淹れたてのコーヒーを味わうこともできます。
 

ライオン・コーヒー ライオン・カフェ&ジェネラル・ストア

ショップでは試飲も用意。カフェでは淹れたてのコーヒーを味わうことができる

ショップでは試飲も用意。カフェでは淹れたてのコーヒーを味わうことができる

ワイキキからダウンタウンを越えたカリヒ地区にあるライオン・コーヒーの工場。お隣のカフェ&ストアには、ライオン・コーヒーとロイヤル・コナ・コーヒーの全ラインが並びます。スーパーには出回ることのない高品質の豆は、他の専門店と比べてリーズナブル。ストア限定のフレーバーコーヒーもあるのでこちらも要チェックです。

<DATA>
Lion Cafe &General Store(ライオン・カフェ&ジェネラル・ストア)
住所:1555 Kalani St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス19・20・42番利用 ※ライオン・コーヒーウェブサイト参照
営業時間:月~金曜6:00~17:00 土曜9:00~15:00 日曜・祝日定休
TEL:808-843-4294
 

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

ワイキキ中央、ロイヤルハワイアンセンターにあるアイランド・ヴィンテージ・コーヒー

ワイキキ中央、ロイヤルハワイアンセンターにあるアイランド・ヴィンテージ・コーヒー

1996年の創業以来、質の高いグルメコーヒーを提供。100%コナのエクストラファンシーが1袋7oz(7オンス=198グラム)で30.95ドル、ピーベリー35.95ドル。カウコーヒーは、1lb(1ポンド=453グラム)で56.95ドルほど。手軽に試せる小袋入りやお土産用のセット商品もあります。店内では、アサイーボウル、ポキボウルなど人気メニューも味わえます。

<紹介記事>
アイランド・ヴィンテージ・コーヒー/ホノルル

<DATA>
Island Vintage Coffee(アイランド・ヴィンテージ・コーヒー) ロイヤル・ハワイアン・センター店
住所:2301 Kalakaua Ave. ロイヤル・ハワイアン・センターC館2階(Googleマップ
営業時間:6:00~23:00 ※フード 6:30~22:00
TEL:808-926-5662
※アラモアナセンター、オアフ島コオリナ、ハレイワにもある
 

ホノルル・コーヒー

ホノルル・コーヒー・カンパニーは由緒正しきホテル、モアナ・サーフライダーの一角に

ホノルル・コーヒー・カンパニーは由緒正しきホテル、モアナ・サーフライダーの一角に

ハワイ島コナの契約農園で栽培された高品質のコーヒーを毎日焙煎。淹れたてのコーヒーと繊細なスイーツが味わえる、ハワイを代表するコーヒー専門店です。100%コナのエクストラファンシーが1袋7oz(198グラム)で29.95ドル、ピーベリー44.95ドルほど。ゴールデングローブ賞のオフィシャルコーヒーに選ばれたり、全米バリスタチャンピオンが誕生したりと話題に。

<紹介記事>
ワイキキ散策休憩にホノルル・コーヒー

<DATA>
Honolulu Coffee Company(ホノルル・コーヒー・カンパニー) モアナ・サーフライダー店
住所:2365 Kalakaua Ave. モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ1階(Googleマップ
営業時間:5:30~22:00
TEL:808-926-6162
※ほかにワイキキでは、シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテルにキオスク店が、Tギャラリア・ハワイでもコーヒー豆を販売。アラモアナセンターにはカフェ、キオスクの2店舗がある
 

カイ・コーヒー

ワイキキの真ん中、ハイアットリージェンシー1階の噴水広場にあって好アクセス

ワイキキの真ん中、ハイアットリージェンシー1階の噴水広場にあって好アクセス

ホノルル・コーヒー出身のオーナーが立ち上げたハワイアンコーヒーブランド。ハワイ産や世界のコーヒー豆を厳選し、プア・オーバーと呼ばれる抽出方法で、バリスタが1杯ずつハンドドリップで淹れてくれます。こちらでは、100%コナのエクストラファンシーが1袋10oz(283グラム)で41.95ドル、ピーベリー43.95ドル、カウコーヒーが34.95ドル。早朝オープンで、サンドイッチやスコーンなど朝食もあり。店内にイートインコーナー、店の前にもテラス席があります。

<DATA>
Kai Coffee(カイ・コーヒー)
住所:2424 Kalakaua Ave. ハイアット リージェンシー ワイキキ ビーチ リゾート アンド スパ内 プアレイラニ アトリウム ショップス1階(Googleマップ
TEL:808-923-1700
営業時間:5:30~22:30
 

コーヒー農園直売のファーマーズ・マーケット

ファーマーズ・マーケットでカウコーヒー豆を販売するアイカネ・プランテーション

ファーマーズ・マーケットでカウコーヒー豆を販売するアイカネ・プランテーション

生産者から直接購入できるファーマーズ・マーケットも上質なコーヒーの入手スポット。フレッシュであることはもちろん、試飲したり、生産者の話を聞きながらコーヒー豆を選ぶという楽しみもあります。ホノルルのKCC、ハイアットリージェンシーのファーマーズ・マーケットに出店する「アイカネ・プランテーション」(リンク先:facebook)は、カウコーヒー豆とホット&アイスコーヒーのほか、カウコーヒーで作った贅沢なコーヒーゼリーを販売しています。100%カウコーヒーの8oz(226グラム)入りは25ドル。ピーベリーは38ドル。

<関連記事>
ハワイのファーマーズ・マーケット~開催地や楽しみ方
 

オーガニックなハワイコーヒーは、ホールフーズマーケットで

ハワイ各島のコーヒーが集まったホールフーズ・マーケットのコーヒー豆コーナー

ハワイ各島のコーヒーが集まったホールフーズ・マーケットのコーヒー豆コーナー

高級オーガニックストア、ホールフーズ・マーケットには、ハワイ各島のオーガニックコーヒーを扱うコーヒー豆コーナーがあり、店内のロースターで煎ったばかりの豆が並んでいます。こちらは、好きなものを欲しいだけ詰める「バルク」と呼ばれる販売システム。欲しい分を袋に詰め、商品番号を袋に書いて封をします。豆を挽くグラインダーも用意されていますよ。

<関連記事>
ハワイ土産もおまかせ!ホールフーズ・マーケット

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)クィーン店
住所:388 Kamakee St.(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からからザ・バス19・20・42番利用
TEL: 808-379-1800
営業時間:7:00~22:00
※オアフ島カイルア、カハラ、マウイ島カフルイにもある
 

気軽なハワイ土産には、スーパーマーケットのフレーバーコーヒーを

日本でもおなじみのライオン・コーヒー。フレーバーコーヒーは日本価格の3分の1以下

日本でもおなじみのライオン・コーヒー。フレーバーコーヒーは日本価格の3分の1以下

専門店の上質な豆は値が張りますが、スーパーに並ぶコーヒーも十分美味しく、通常のお土産ならこちらでOK。特に喜ばれるのが、チョコレートやバニラ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツなどハワイを思い出す甘い香りのフレーバーコーヒー。セールに遭遇できたら、5ドル以下。見た目も良くてコスパの高い優秀なハワイ土産です。

<関連記事>
これを買えば間違いなしのハワイコーヒーを紹介しています。
コスパ土産No.1!スーパーで買えるハワイのコーヒー
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。