「アロハ」や「マハロ」…ハワイ語のあいさつ&単語を覚えよう!

街のあちらこちらで見掛ける「Aloha」の文字。a・l・o・h・aの一文字ずつに意味があるんです

街のあちらこちらで見掛ける「Aloha」の文字。a・l・o・h・aの一文字ずつに意味があるんです

ハワイ王国が崩壊する19世紀後半まで使われていたハワイ語。現在は、日常生活で使われることはなく、話せる人もほんの少数ですが、あいさつのほか、地名、方角、食べ物の名前などハワイ語の単語が会話に使われたり、街の表示サインに使われることが多く、いくつか覚えておくと便利でしょう。
    

ハワイの公用語であるハワイ語

宣教師たちの住居を残したミッションハウス・ミュージアム。ここでハワイ語をアルファベッドに置き換え、聖書などを印刷していた

宣教師たちの住居を残したミッションハウス・ミュージアム。ここでハワイ語をアルファベッドに置き換え、聖書などを印刷していた

もともと文字を持たなったハワイ語。19世紀前半、ハワイにやって来た宣教師たちがハワイ語の音を聞き、アルファベッドに置き換えて表したことが文字の始まりだと言います。1893年にハワイ王国が滅亡し、1898年にアメリカがハワイを併合した頃には、教育の場でハワイ語が使用されることが禁じられたため、次第にハワイ語の文化も途絶えていきました。

英語とならび、ハワイ語がハワイ州の公用語として制定されたのは1978年。その後は、自分たちの言語を後世に残そうと、多くの人々が言語の研究を行い、ハワイ語教育に取り組んでいます。
 

発音は簡単! ハワイ語はローマ字読みでOK

「WAIALAE」は、そのままローマ字読みで「ワイアラエ」

「WAIALAE」は、そのままローマ字読みで「ワイアラエ」

ハワイ語は、「a、e、i、o、u」という5つの母音と「h、k、l、m、n、p、w」の7つの子音、そして、音を切って読むオキナ(')、母音をのばして読むカハコウ(‐)の発音記号の組み合わせで構成されています。

基本的にローマ字読みと同じなのですが、w行のみ、wu・woは「w」、we・wiは「v」で発音。waとwで始まる語は、wとvの両方に発音されます。例えば、「Hawai'i」はハワイ、または、ハヴァイ。オキナが付いているので、ハワイィ、ハヴァイィといった感じなのですが、オキナとカハコウについては、ハワイの看板やガイドブックでも省略されていることがあるので、あまり気にせず、そのままローマ字読みで大丈夫です。
 

「アロハ」「マハロ」のあいさつからはじめる!他の言葉も紹介

Mele kalikimaka(メレ・カリキマカ)は、ハワイ語でメリー・クリスマスの意味

Mele kalikimaka(メレ・カリキマカ)は、ハワイ語でメリー・クリスマスの意味

ハワイに行ったことがある人もない人も、みんなが知っているハワイの言葉が「Aloha(アロハ)」。こんにちはやさようならを表すあいさつです。そして、もう1つ覚えておきたいのがありがとうの意味を持つ「Mahalo(マハロ)」。ショップやレストランで、店員さんに「アロハ~」「マハロ~」と声を掛けられたら、ぜひ、アロハ、マハロで返してみて。

実は、Alohaとは「alo」と「ha」の二つの言葉からなり、「正面に向き合って息をする」という意味があるそう。さらに、A=akahai (寛大)、L=lokahi (調和)、O=oluolu (喜び)、H=haahaa (謙遜)、A=ahonui (忍耐)と、アルファベット1つ1つに意味を持つという奥深い言葉なのです。

あいさつでよく使われるハワイ語>
  • Aloha(アロハ):こんにちは、さようなら、やぁ、愛しています、愛
  • Mahalo(マハロ):ありがとう
  • E komo mai(エ・コモ・マイ):ようこそ
  • Hauoli makahiki hou(ハウオリ・マカヒキ・ホウ):あけましておめでとう
  • Mele kalikimaka(メレ・カリキマカ):メリー・クリスマス
 

人を表すハワイ語がトイレの入口に!「カネ」「ワヒネ」

ハワイのレストルーム。wahineが女性、kaneが男性

ハワイのレストルーム。WAHINEが女性、KANEが男性

ダニエル・K・イノウエ国際空港やショッピングセンターなどのトイレの入口に「kane(カネ)」、「wahine(ワヒネ)」の表示があるのをご存じですか? カネは男性、ワヒネは女性を表すハワイ語です。ファミリートイレには、家族、仲間という意味の「ohana(オハナ)」で表示されていることも。
 
ホノルル動物園の子供向けふれあい動物コーナー「ケイキ・ズー」。ケイキは子供のこと

ホノルル動物園の子供向けふれあい動物コーナー「ケイキ・ズー」。ケイキは子供のこと

ケイキメニュー、ケイキプログラムなどの文字をレストランやホテルで見かけますが、「keiki(ケイキ)」は子供の意味。ほかに、「kamaaina(カマアイナ)」は地元の人。ハワイアンジュエリーに刻まれる人気ワード「kuuipo(クウイポ)」とは、私(kuu)の愛する人(ipo)=恋人という意味です。
 

ハワイ現地では常識?! 方角の意味を示すハワイ語

海と山に挟まれたワイキキの街。海側はマカイ、山側はマウカ、画像左側がエヴァサイド、右側がダイヤモンドヘッドサイド

海と山に挟まれたワイキキの街。海側はマカイ、山側はマウカ、画像左側がエヴァサイド、右側がダイヤモンドヘッドサイド

ハワイでは方角を指す際、海側は「makai(マカイ)」、山側は「mauka(マウカ)」というハワイ語を使います。ワイキキやアラモアナ周辺では、山側は北、海側は南。さらに、西を「エヴァ」(オアフ島西部にある地名)、東を「ダイヤモンドヘッド」(ワイキキ東端にある死火山。こちらは英語)と呼び、これで東西南北を表します。

2棟建てのホテルやコンドミニアムでは、海側に建つ棟をマカイタワー、山側をマウカタワーと呼ぶところも。アラモアナセンターでは、通路を挟んで海側はマカイサイド、山側はマウカサイド。アラモアナビーチ側に位置するフードコートの名前は「マカイ・マーケット」ですし、ショップの位置を「2階エヴァウィングのマカイサイド」などと説明することがあります。
 

昔の景色が想像できるハワイ語の地名

天国(lani)の海(kai)の名前を持つオアフ島東海岸のラニカイビーチ

天国(lani)の海(kai)の名前を持つオアフ島東海岸のラニカイビーチ

ハワイの地名は、古くから呼ばれているハワイ語名です。ハワイ語の意味がわかれば、その土地がどんな場所だったのか想像できますよ。

例えば、ワイキキは「湧き出る(kiki)水(wai)」という意味の通り、200年前にはタロイモ畑が広がる湿地帯でした。「海(moana)の道(ala)」という意味のアラモアナには、東西約1キロメートルの美しいビーチが続いています。ちなみに、ワイキキのカラカウア通り、クヒオ通り、カピオラニ通りなど大通りには、王族の名前が多く付けられています。

おもなハワイ語地名の意味>
  • Honolulu(ホノルル):守られた(lulu)入江(hono)
  • Hanauma(ハナウマ):曲線状(uma)の湾(hana)
  • Kailua(カイルア):2つ(lua)の海(kai)
  • Lanikai(ラニカイ):天国(lani)の海(kai)
  • Haleiwa(ハレイワ):軍艦鳥(iwa)の館(hale)
  • Waimea(ワイメア):赤茶(mea)の水(wai)
 

レストランで見かけるハワイ語

ono(オノ)は美味しいの意味

ono(オノ)は美味しいの意味

レストランのメニューにも料理や食材名のハワイ語が並んでいます。ワイキキでは日本語メニューが用意されている所がほとんどですが、知っているとちょっと自慢できるかも。そして、美味しい料理には「Ono!(オノ~!)」=美味しい!と言って店員さんに伝えてみましょう。

料理・食材に関するおもなハワイ語>
  • ono(オノ):美味しい
  • luau(ルアウ):ハワイ古来の祝宴 →現在は伝統料理とフラが楽しめるエンターテイメントとして開催 
  • hale aina(ハレアイナ):レストラン、料理店 →「ハレアイナ・アワード」ハワイで最も権威のあるレストラン賞
  • pupu(ププ):前菜、おつまみ
  • ahi(アヒ):マグロ
  • aku(アク):カツオ
  • mahimahi(マヒマヒ):シイラ
  • lilikoi(リリコイ):パッションフルーツ
  • kope(コペ):コーヒー
 

ハワイ伝統料理も覚えておこう

ハワイアンフードの一部。上/左からポイ、ロミロミサーモン、カルアピック、ハウピア 中央/ラウラウ

ハワイアンフードの一部。上/左からポイ、ロミロミサーモン、カルアピック、ハウピア 中央/ラウラウ

ポイ、ポキ、ラウラウにハウピア。かわいい響きのハワイ語が並んでいますが、これは、ハワイアンが古くから継承してきた伝統料理。神から与えられた自然の恵みを食すことで自然に帰るというスピリチャルな意味が込められたこの料理は、太陽の光をたっぷり浴びた素材の味を生かし、塩だけで味付けした低カロリーで栄養満点なハワイのソウルフードです。
 
フードランド・ファームズの量り売りポキ

フードランド・ファームズの量り売りポキ

伝統料理専門店以外でも、食べやすくお洒落にアレンジされたメニューを提供するレストラン&バーがあります。また、カップ入りのポイ、量り売りのポキなどは、スーパーで購入できるので、ぜひ、一度チャレンジしてみてください。

<代表的なハワイ伝統料理>
  • poi(ポイ):古代ハワイアンの主食。タロ芋を蒸して練りつぶし発酵させたもの。ペースト状でヨーグルトのような酸味がある
  • poke(ポキ、ポケ):マグロの刺身やゆでタコなどのシーフードをハワイ産の塩、海藻、ネギ、タマネギと混ぜ合わせたハワイ風の「ヅケ」。現在では醤油、ゴマ油、ピリ辛のスパイスでアレンジしたものも
  • kalua pig(カルアピッグ):たっぷりの塩をまぶした豚肉を魔除けや防腐作用があるというティの葉に包んで蒸し焼きにし、細かくさいたもの
  • laulau(ラウラウ):豚肉や鶏肉をタロとティの葉で二重に包んだ蒸し焼き
  • haupia(ハウピア):ココナッツミルクに砂糖を混ぜ、ゼラチンで固めたプリンのようなデザート
 

よく聞くハワイ語20選!

天国の館という名前を持つハレクラニ

天国の館という名前を持つハレクラニ

ハワイ語の単語は、まだまだ街にあふれています。以下は、ホテルやショップ、観光地の名称など頻繁に登場するハワイ語です。これまで紹介したハワイ語のあいさつ、単語に合わせて覚えれば、完璧! ハワイが身近に思えて、グッと楽しいハワイ滞在になりますよ。

よく聞くハワイ語20選>
  • alii(アリイ):王様
  • hale(ハレ):家、館 →名門ホテル「ハレクラニ」とは天国の館の意味
  • hana hou(ハナホウ):アンコール
  • heiau(ヘイアウ):神々を祀った古代ハワイの神殿
  • hoku(ホク):星
  • holoholo(ホロホロ):ぶらぶら歩く、散歩
  • honu(ホヌ):ウミガメ
  • hoolaulea(ホオラウレア):パーティ、祝宴 →現在は歩行者天国で行うイベントを指す
  • hula(フラ):ハワイ伝統の踊り →フラ・カヒコ:古典フラ、フラ・アウアナ:現代フラの2種類がある
  • kapu(カプ):タブー、禁止
  • lanai(ラナイ):バルコニー
  • lani(ラニ):天国
  • lei(レイ):花や葉、木の実を繋いだハワイ伝統の首飾り
  • lomilomi(ロミロミ):揉む、ハワイ伝統のマッサージ
  • mana(マナ):魂、霊力
  • mele(メレ):歌、詩
  • moana(モアナ):海、大海
  • nani(ナニ):美しい
  • olioli(オリオリ):楽しい →某旅行社運行のトロリー名にも使用
  • pikake(ピカケ):ジャスミンの花
 

ワイキキでハワイ語探しをしよう!

MAHALO(マハロ)=ありがとうの意味

MAHALO(マハロ)=ありがとうの意味

ワイキキのメインストリート、カラカウア通りの交差点付近の歩道に、ハワイ語とその意味を刻んだタイルが隠れているのをご存知でしょうか? 信号待ちの人の目に入るよう、「WAIKIKI」「HONOLULU」「ALOHA」「MAHALO」等のハワイ語入りのタイルが17個点在しています。
 
カラカウア通りの隠れハワイ語をチェック!

カラカウア通りの隠れハワイ語をチェック!

場所は、カラカウア通りの山側歩道交差点付近(ビーチウォーク通り~リリウオカラニ通り間)と、海側歩道交差点付近(ビーチウォーク通り~サラトガ通り間)。この記事で紹介した「KANE(男性)」「WAHINE(女性)」「KEIKI(子供)」「KAMAAINA(地元の人)」「MAKAI(海側)」「MAUKA(山側)」「HALE(館)」のタイルもありますよ。信号待ちの時に足元をチェックしてみてくださいね!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。