こだわりのコーヒーとスイーツが美味しいホノルル・コーヒー・カンパニー

リーフやハート柄のアートをサービス。ラテは4ドル~

リーフやハート柄のアートをサービス。ラテは4ドル~

ハワイ島コナ地区の契約農園で栽培された高品質のコーヒーを毎日焙煎し、淹れたてを飲ませてくれるホノルル・コーヒー・カンパニー。美しくデコレーションされたパティシエ特製のケーキやタルトなど、甘さ控えめのスイーツも人気です。2011年、ゴールデングローブ賞のオフィシャルコーヒーに選出され、専属バリスタが世界バリスタ大会で第2位に入賞。同年には日本進出も果たした、ハワイを代表するコーヒー専門店です。

由緒正しきホテルのカフェでひと休み

白亜のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパのエントランス脇にあるホノルル・コーヒー・カンパニー

白亜のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパのエントランス脇にあるホノルル・コーヒー・カンパニー

ホノルルにいくつか店舗はありますが、なかでもおすすめは、ワイキキのモアナ・サーフライダー店。ワイキキ最古のホテル、モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパの一角にあり、ワイキキの中心にしては、静かで落ち着いた雰囲気。窓側のテーブル席に座り、カラカウア通りを行きかう人たちを眺めながら頂くコナコーヒーは格別です。

欧米からの旅行者に人気。 テーブル席は10席ほど用意

欧米からの旅行者に人気。 テーブル席は10席ほど用意

こちらは、ガイドが朝のワイキキ散策で必ず立ち寄る休憩ポイント。クロワッサンやスコーン、キッシュ、ワッフル、フルーツサラダ(カットフルーツ)など手軽に食べられる朝食メニューが充実しています。また、ワイキキ、ハレイワなどハワイの地名が付けられたスムージー4種類(7.50ドル)もフレッシュで美味。アサイーにストロベリーをミックスして、オーガニックのグラノーラとバナナのみをトッピングしたシンプルなアサイーボウル(8.95ドル)は、甘さ控えめでもったり感が強く、スイーツというよりも食事寄り。お好みではちみつがトッピングできます。

モアナ・サーフライダーのロッキングチェア

モアナ・サーフライダーのロッキングチェア

朝は少々込み合う時間もありますが、テイクアウトの人が多く、テーブルの回転も早いのでご安心を。ドリンクのみの購入なら、モアナ・サーフライダーのエントランスにあるロッキングチェアやロビーのソファに座り、ゆっくりと味わうのもおすすめ。古き良き時代のハワイにタイムスリップしたような感覚が体験できますよ。早朝オープンなので、オプショナルツアー参加前の食事にも便利です。

モアナ・サーフライダー紹介記事はこちら>>>モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート

コーヒー豆とシグ・ゼーンのコーヒーカップをお土産に

ハワイの花々が描かれたシグ・ゼーンとのコラボマグカップ

ハワイの花々が描かれたシグ・ゼーンとのコラボマグカップ

コナ10%ブレンドのホノルル・ブレンドは1袋10.95ドルとお手頃

コナ10%ブレンドのホノルル・ブレンドは1袋10.95ドルとお手頃

スーパーで購入するコーヒー豆と比べ値段は張りますが、高品質でフレッシュなコナコーヒーが入手できるホノルル・コーヒー・カンパニー。100%コナのエクストラファンシーが1袋200グラムで27.95ドル、ピーベリーで32.95ドル。大切な人へのお土産にどうぞ。

また、ハワイ好きにチェックして欲しいのが、ハワイ島ヒロ在住の人気テキスタイル・デザイナー、シグ・ゼーンがデザインしたマグカップ(各14.95ドル、4つセットで49.95ドル)。ハワイに自生する植物をダイナミックに描いたハワイ限定アイテムで、2013年に登場したばかり。毎年新しいデザインを発売予定なので、自分へのお土産に1つずつ持ち帰るのもいいですね。

コナコーヒーについて詳しい情報はこちら>>>コナコーヒー、フレーバーコーヒー/ハワイのお土産


<DATA>
HONOLULU COFFEE COMPANY(ホノルル・コーヒー・カンパニー) モアナ・サーフライダー店
住所:2365 Kalakaua Ave. モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ1階
営業時間:6:00~22:30
TEL:808-926-6162
※ほかにワイキキでは、シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテルにキオスク店が、Tギャラリア・ハワイでもコーヒー(袋)を販売。アラモアナセンターにはカフェ、キオスクの2店舗がある
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。