美味しい!可愛い!楽しい!みんながときめくオーガニックストア

山積みのせっけんにテンションも上がる! お土産調達スポットとしても大人気のホールフーズ・マーケット(カイルア店)

山積みのせっけんにテンションも上がる! お土産調達スポットとしても大人気のホールフーズ・マーケット(カイルア店)

世界に430店舗以上を展開する高級オーガニックストア、ホールフーズ・マーケット。店内に並ぶのは、新鮮で質の良い生鮮食品やヘルシー素材のデリ、体に優しいボディケア&サプリメント等、オーガニックとナチュラルにこだわった商品ばかり。店のデザインや陳列方法、並ぶ商品のパッケージも、すべてがお洒落で洗練された雰囲気。お土産調達にもハズせないショッピングスポットです。

<目次>  

知っておきたい! ホールフーズ・マーケット攻略法

クイーン店名物のパイナップルタワー。陳列ももはやアート

クイーン店名物のパイナップルタワー。陳列ももはやアート

ホールフーズ・マーケットで買い物を満喫するには、ちょっとしたコツが必要。注目アイテムや知っておきたい専門用語など効率良く買い物するためのポイントをまとめました。ハワイのスーパーを楽しむための基本情報は、ガイド記事「ホノルルのおすすめスーパー12選とお得な買い物術」をご覧ください。
 

攻略法1:滞在時間は1時間以上、入り口のクーポンもチェック

2018年5月にオープンしたクイーン店。2フロア構成で広さは約6700平方メートル!

2018年5月にオープンしたクイーン店。2フロア構成で広さは約6700平方メートル!

ハワイのホールフーズ・マーケットは、オアフ島に3軒、マウイ島に1軒。どの店舗も広く、すべてを見て回るには1~2時間は必要です。買い物好きは、時間に余裕を持って出掛けましょう。冷房が強いので羽織り物を忘れずに。
 
アマゾンプライム会員向けの割引価格も(クイーン店)

アマゾンプライム会員向けの割引価格も(クイーン店)

2017年にアマゾンの傘下となり、店内にアマゾンプライム会員用の割引値札が目立つようになりましたが、残念ながら、日本のアマゾンプライム会員は特典が受けられません。各店舗入り口に置かれているクーポン冊子を活用しましょう。
 

攻略法2:「LOCAL」「Non GMO」「Gluten Free」の表示に注目!

ローカルアイテムは、お土産にもおすすめ(クイーン店)

ローカルアイテムは、お土産にもおすすめ(クイーン店)

地消地産を応援するホールフーズには、ハワイ各島の農家が育てた野菜やフルーツをはじめ、蜂蜜、コーヒー、チョコレート、ドリンク、そして、せっけんやバスソルトなどハワイで生産・製造されたローカルアイテムがいっぱい! すべて、ホールフーズの厳しい商品審査をクリアしたものだから安心・安全。「LOCAL」の表示が目印です。
 
アメリカで人気のピーナッツバター「ジャスティンズ」もNon GMO、Gluten Free

アメリカで人気のピーナッツバター「ジャスティンズ」もNon GMO、Gluten Free

「LOCAL」のほかにも店内でよく見かける表示があります。「Non GMO」は、遺伝子組み換え食品不使用の意味。「Gluten Free」は、小麦や大麦等のグルテンを含んでいない商品。パンケーキミックスやシリアルバーなど、さらにヘルシーなお土産を探している人は注目を。
 

攻略法3:お買い得なプライベートブランド「365」

プライベートブランド「365」のミックストレイルシリーズ。ドライフルーツやナッツがたくさん入って7.49ドル(クイーン店)

プライベートブランド「365」のミックストレイルシリーズ。ドライフルーツやナッツがたくさん入って7.49ドル(クイーン店)

ホールフーズで扱う商品は、最高品質の原材料を使用した商品のみ。硬化油、果糖ブドウ糖液糖、合成香料、着色料、保存料を含む食品は取り扱っていません。コストがかかるオーガニック商品なので、全体的に値段は高めです。
 
「365」の砂糖未使用ピーナッツバター(上段)。人気ブランド「ジャスティンズ」(下段)の約半額で購入できる

「365」の砂糖未使用ピーナッツバター(上段)。人気ブランド「ジャスティンズ」(下段)の約半額で購入できる

そこで注目したいのが自社ブランド「365」シリーズ。高品質なのにリーズナブルでコスパ良し。食品から生活用品、ボディケア、サプリメントまで広く展開しています。
 

攻略法4:好きなものを欲しいだけ詰める「バルク」にチャレンジ!

ナッツ、ドライフルーツのバルクコーナー(カハラ店)

ナッツ、ドライフルーツのバルクコーナー(カハラ店)

ホールフーズでの楽しみの1つが、好みのシリアル、ナッツ、ドライフルーツ、ピーナッツクリーム、コーヒーなどを自分で詰める「バルク(BULK)」のコーナー。重さの単位がポンド(LB)なので難しいように思うのですが、やってみると簡単なんです。
 
自分で搾りたてのピーナッツバターが作れるマシーン(カハラ店)

自分で搾りたてのピーナッツバターが作れるマシーン(カハラ店)

欲しい分を袋に詰めたら、タグに商品番号を書いて結ぶだけ(容器に詰めてシールを貼る場合も)。備え付けのはかりで重さを測れば、およその値段がわかります。1ポンドは453.6グラムなので、500グラム弱と覚えておくと便利でしょう。日本では珍しいバルクシステムにぜひチャレンジを。
 

攻略法5:デリコーナーで朝食やディナーをお持ち帰り

デリのサラダやローストビーフ。ベジタリアン、ビーガン(肉・魚だけでなく卵・乳製品も抜き)などサラダ1つ1つに表示がある(カハラ店)

デリのサラダやローストビーフ。ベジタリアン、ビーガン(肉・魚だけでなく卵・乳製品も抜き)などサラダ1つ1つに表示がある(カハラ店)

見ていると買ってみたくなるのが、オープンキッチンが備えられたデリコーナー。パンや具材が選べるサンドイッチ、専用釜で焼き上げるパリパリのピザ、パック詰めの巻き寿司などメニューも豊富です。
 
クイーン店のデリコーナー

クイーン店のデリコーナー

自分で好きなものを容器に詰める量り売りの総菜&サラダバー、スープバー、ポキバーもあります(詰めた容器は、そのままレジへ持って行けばOK)。旅行中のビタミン不足を手軽に解消できるカットフルーツや店内で搾るコールドプレスジュースもおすすめです。
 

攻略法6:イートインコーナーを活用しよう

クイーン店2階のイートインコーナー

クイーン店2階のイートインコーナー

ホールフーズで購入した弁当やデリは、店内外のイートインコーナーで食べることが可能です。クイーン店の2階には、広々としたテーブル席やテラス席が。また、地ビールバー「トゥ・タイズ」への持ち込みもOKです。どの店舗も早朝からオープンしているので、ドライブ前の朝食にも便利ですよ。
 

攻略法7:お土産にも使える日用雑貨やボディケア用品も必見

オリジナルハンドクリーム(6.99ドル)は、シアバターがたっぷり入って香料不使用。香りはバニラ、ピオニー(芍薬)、スイートピア(洋梨)の3種類

オリジナルハンドクリーム(6.99ドル)は、シアバターがたっぷり入って香料不使用。香りはバニラ、ピオニー(芍薬)、スイートピア(洋梨)の3種類

パッケージが可愛い紅茶やデトックスティー、お菓子、シリアルバーなどは、軽くてコンパクトでお土産に最適。ボディケア&サプリメントのコーナーには、自然派コスメやボディケアブランドが充実しています。
 
クイーン店では、レジ近くにリップクリームがずらりと並ぶ

クイーン店では、レジ近くにリップクリームがずらりと並ぶ

女性へのばらまき土産には、なめらかなテクスチャーのオリジナルリップクリーム(2.49ドル)がおすすめ。人気のジョンマスターオーガニックは、日本やワイキキのABCストアよりもリーズナブルで、セールも度々行っています。

<関連記事>
リップクリーム、ハンドクリームはこちらでも紹介しています
プチプラ! 女性向けのばらまき用ハワイ土産5選
 

攻略法8:ホールフーズのエコバッグは、ハワイ土産の定番

クイーン店2階のオリジナルグッズコーナー

クイーン店2階のオリジナルグッズコーナー

ホールフーズを訪れる人が必ずチェックするハワイ限定オリジナルエコバッグ。定番は、各店舗の名前が入ったジュート(麻)地バッグ(19.99ドル~)。そして、カイルア発ブランド「タグアロハ」とコラボしたオーガニックコットンバッグは、厚地タイプや薄地タイプ等デザインも豊富(13.99ドル~)。
 
折り畳みトートバッグの2019年カラーは、ブルーグレーとグレー

折り畳みトートバッグの2019年カラーは、ブルーグレーとグレー

お土産には、3.99ドルでプチプライスな折り畳みトートバッグがおすすめ。1年ほどでカラーが変わるので、色違いで揃えたくなります。そして、ピクニックに使える大型のクーラーバッグ(4.99ドル)も要チェック。どちらも「HAWAII」の地名入りです。

<関連記事>
お土産にも! お洒落に使えるハワイのエコバッグ
 

ホールフーズ・マーケットへの行き方

ワイキキから車で15分。カハラモールにあるホノルル店

ワイキキから車で15分。カハラモールにあるホノルル店

ハワイにあるホールフーズ・マーケットの店舗とアクセス方法を紹介します。
 

ホールフーズ・マーケット クイーン店

ワインだけでも1000種類以上! 日本酒も扱うクイーン店のアルコールコーナー

ワインだけでも1000種類以上! 日本酒も扱うクイーン店のアルコールコーナー

ワイキキから最もアクセスの良い店舗がワード地区にあるクイーン店。2フロア構成で広さ約6700平方メートルのハワイ最大規模。店内には「ラニカイ・ジュース」や「アレグロ・コーヒー・バー」、ビールバーの「トゥ・タイズ」などショップも入店。ハワイ初となるオリジナルグッズショップもあり、ロゴ入りのエコバッグ、ポーチ、マグカップ、ステッカーなどが並びます。

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット) クィーン店
住所:388 Kamakee St. (Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からからザ・バス13・19・20・42・E番利用。所要時間約30分
  • 13・E番:「Kapiolani Bl + Opp Kamakee St」バス停下車後、徒歩約4分
  • 19・20・42番:「Ala Moana Bl + Kamakee St」バス停下車後、徒歩約5分
TEL: 808-379-1800
営業時間:7:00~22:00
 

ホールフーズ・マーケット ホノルル(カハラ)店

ランチ&ディナータイムはデリやサラダ、弁当を購入する人で大賑わい

ランチ&ディナータイムはデリやサラダ、弁当を購入する人で大賑わい

ハワイ1号店としてオープンしたホノルル店は、ワイキキから車で約15分のカハラモール内。高級住宅街カハラに住む人々が利用するためか、店内はどことなくハイソな感じ。オアフ島東海岸へのドライブ途中に、デリを購入してテラス席で食事をするのもおすすめです。明るくモダンなクイーン店とはまた違った雰囲気の中でショッピングが楽しめます。

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット) ホノルル店
住所:4211 Waialae Ave. カハラモール1階(Googleマップ
アクセス:ワイキキからザ・バス22・23番利用で所要時間約30分
  • カラカウア通りバス停からザ・バス22番(平日1時間毎、休日30分毎)で「Kilauea Ave + Waialae Ave」バス停下車
  • クヒオ通り海側バス停から23番(平日30分毎、休日1時間毎)で「Kilauea Ave + Waialae Ave」バス停下車
ワイキキ東側のホテルに滞在の場合、カパフル通りのバス停から14番(1時間毎)・24番(1時間毎、16時以降運行なし)を利用する方法も。帰りは、14・22・23・24番ともにキラウエア通りモール側「Kilauea Ave + Waialae Ave」バス停から乗車
TEL:808-738-0820
営業時間:7:00~22:00
 

ホールフーズ・マーケット カイルア店

ビーチへ持って行くランチ調達、そして、カイルア観光のトイレ休憩にも

ビーチへ持って行くランチ調達、そして、カイルア観光のトイレ休憩にも

カイルアタウンの中心に位置するカイルア店。広い店内は陳列にもゆとりがあり、じっくりと買い物が楽しめます。カイルアビーチへ車で約5分。アラモアナセンターから直通のザ・バスのバス停や、カイルアビーチ、ラニカイビーチ行きのバス停からも徒歩1分ほどです。

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット) カイルア店
住所:629 Kailua Rd Ste 100, Kailua(Googleマップ
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停から8・19・20・23・42番でアラモアナセンターへ。センター海側バス停で56・57・57A番に乗り換えて約40分。ワイキキからの所要時間約1時間15分
  • 57・57A番:「Kailua Rd + Opp Oneawa St」バス停下車後、徒歩1分
  • 56番:「Kailua Rd + Hamakua Dr」バス停下車後、徒歩3分
TEL:808-263-6800
営業時間:7:00~22:00
 

ホールフーズ・マーケット マウイ島カフルイ店

ホノルル(カハラ)店に続き、カフルイ店はハワイ2号店

ホノルル(カハラ)店に続き、カフルイ店はハワイ2号店

ネイバーアイランドで唯一の店舗がマウイ島カフルイ店。カフルイ空港から車で10分ほどのマウイモール内にあります。空港からレンタカーで移動する人には便利な立地。「KAHULUI」「MAUI」の地名入りのオリジナルトートバッグは要チェックです。

<DATA>
■Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット) マウイ島カフルイ店
住所:70 E Kaahumanu Ave, Kahului マウイモール内(Googleマップ
アクセス:カフルイ空港から車で約10分
TEL:808-872-3310
営業時間:7:00~21:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。