オーガニックコーヒーが人気!
マウンテンサンダー農園で大人の社会見学

マウンテンサンダー農園

ハワイ州のオーガニックコーヒーのうち、85%のシェアを誇るマウンテンサンダー農園

トレントさん

オーナーのトレント・ベイトマンさん。娘のブルック・デッカーさんはハワイ州のバリスタチャンピオン

世界三大コーヒーの一つにも数えられる(※他2つはブルーマウンテン、キリマンジャロ)ハワイ島の特産、コナコーヒー。ホノルルでももちろん手に入る、ハワイの「超」定番土産でもありますが、実際にコナ地区のコーヒー農園を訪れてみるのも一興。今回は、コナに600あると言われるコーヒー農園の中から、オーガニックコーヒー部門でいくつもの賞を受賞している、マウンテンサンダー農園をご紹介します。

カイルア・コナから車で約20分、フアラライ山の中腹に、オーナーのトレント・ベイトマンさんが家族で経営するこの農園がありました。そもそもトレントさんがコーヒー栽培を始めたのは、今から12年前のこと。100年以上の長い歴史を持つコナコーヒーの世界で、決して老舗にあたるわけではありませんが、8年ほど前からコナコーヒー、オーガニック部門で数々の名誉ある賞を受賞。全米メディアからも注目される農園に急成長を遂げています。

 

マウンテンサンダー農園が人気の理由

マウンテンサンダー農園が、他とは一線を画すと評価される理由に、標高の高さがありました。「コナコーヒーベルト」と呼ばれる通常の農園の標高が、800~2200フィートであるのに対し、マウンテンサンダー農園は3200フィート。標高が低いと周囲で育つ果実の木の影響でフルーティーなコーヒーになってしまいますが、高いところで育てることで酸が強いコーヒーを作ることができているのだそう。

日本語の有料&無料見学ツアーがスタート

溶岩トンネル

敷地内あちらこちらにある、溶岩トンネル。ハワイ島の大自然を実感できるはず

これまでも英語での農園見学ツアーが行われてきましたが、2010年11月から日本語の見学ツアーもスタート。毎週火曜日と金曜日の週に2回、10時から行われます(有料のものは要予約)。

敷地内には、コーヒーの木以外にもカカオの木やバニラの木、溶岩のトンネルなどがあり、見応え充分。他にも、「コナ・ナイチンゲール」の名で知られるロバや、羊、豚、あひる、ガチョウ、野生のオウム、キジなどが暮らしています。

 

■無料ツアー
コーヒーの実

摘まれたばかりのコーヒーの実。焙煎されるまでの過程を見学

コーヒーを試飲した後、豆の大きさや色を選別する方法や、焙煎、そしてパッキング施設を見学。

■VIPツアー(所要3時間/1人135ドル)
試飲後、敷地内の林を散歩しながらコーヒー園へ。その後、コーヒーの実から果肉を剥き、発酵と乾燥の過程を、次に豆の外皮を剥き、大きさ、質、色を選別する過程を見学。昼食を挟み、ロースト・マスターのレッスンを受けて実際に焙煎に挑戦。コーヒー230gのお土産、昼食付き。

■ローストマスターのプライベートレッスン(所要2時間/最大6人の1グループ199ドル)
試飲後、豆の外皮を剥き、大きさ、質、色を選別する過程を見学した後、焙煎レッスン。コーヒー2,268gのお土産付き。

■コーヒー農園・加工工場の見学ツアー(所要2時間30分/1人65ドル)
試飲後、敷地内の林を散歩しながらコーヒー園へ。その後、コーヒーの実から果肉を剥き、発酵と乾燥の過程を、さらにその後、豆の外皮を剥き、大きさ、質、色を選別する過程、そして焙煎を見学。

 

直売店でオリジナルアイテムも!

直営店

コーヒーはもちろん、バッグやTシャツなどのオリジナルアイテムも揃う

農園内には直営店があり、できあがったばかりのコーヒーを買うことができます。直営店だけの限定、ということはありませんが、新鮮なコーヒーはやっぱり美味しい。Tシャツなどのオリジナルグッズも扱っているので、ぜひのぞいて見て。

<DATA>
Mountain Thunder Coffee Plantation
住所:73-1942 Hao Street, Kailua Kona, Hawaii 96740
TEL:808-325-2136
アクセス:コナ国際空港から車で約30分

<取材協力>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。