ローカルタウンの極上ビーチ、ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク

ブルーの海と真っ白な砂浜が広がるワイマナロ・ベイ・ビーチパーク。ワイキキでは味わえないゆとりと静けさ

ブルーの海と真っ白な砂浜が広がるワイマナロ・ベイ・ビーチパーク。ワイキキでは味わえないゆとりと静けさ

ハナウマ湾カイルア・ビーチラニカイ・ビーチなど有名ビーチが連なるオアフ島の東海岸。カイルア&ラニカイエリアの人気が急上昇し定番化した今、ハワイリピーターが注目しているのが、ラニカイ・ビーチの南に位置するワイマナロ・ベイ・ビーチパークです。これまで穴場ビーチとしてご紹介してきましたが、2015年の全米ベストビーチNo.1に輝き、今後、人気急上昇すること間違いなしです。

聞こえてくるのは波の音だけ

8キロもの美しい砂浜が続く。この先は、軍が管理し、週末だけ一般開放されるベローズビーチ。その先がラニカイ・ビーチ

8キロもの美しい砂浜が続く。この先は、軍が管理し、週末だけ一般開放されるベローズビーチ。その先がラニカイ・ビーチ

ワイキキから車で海岸沿いのカラニナオレ・ハイウェイを約35分。マカプウ岬の先、元横綱・曙の故郷として知られるワイマナロの町にワイマナロ・ベイ・ビーチパークはあります。手前に「ワイマナロ・ビーチパーク」がありますが、ベストビーチに選出されているのは、その隣のビーチです。

ワイマナロ・ベイ・ビーチパークへの入り口。ハイウェイからビーチは見えないので気を付けて

ワイマナロ・ベイ・ビーチパークへの入り口。ハイウェイからビーチは見えないので気を付けて

ワイマナロ・ベイ・ビーチパークへは、ハイウェイ沿いにあるレクリエーションエリアの小さなゲートを右折。広い駐車場、アイアンウッドと呼ばれる高い木々の林を抜けると、目に飛び込んでくるのは、どこまでも続く真っ白な砂浜と真っ青な海。全米No.1に輝いたラニカイ・ビーチにも劣らない美しさで、ハワイアンウェデイングのフォトスポットとしても人気です。

ほどよく波が立つ遠浅の海なので、ボディボード初心者に最適。ライフガードは常駐で、シャワー&トイレ、更衣室、ピクニックテーブル、ビーチバレーなどの施設のほか、キャンプエリアもあります。休日には、バーベキューを楽しむ地元ファミリーで賑わいますが、平日はひっそりとした雰囲気に。平日のビーチでは、ライフガードの近くに座ると安心です。また、レンタカーの車上荒らしにも気を付けましょう。


<DATA>
WAIMANALO BAY BEACH PARK(ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク)
住所:41-043 Aloiloi St., Waimanalo
アクセス:ワイキキから車でH1東行きフリーウェイ~カラニナオレHwy.を直進。シーライフ・パークの先、ワイキキから約35分。ザ・バスの場合は、アラモアナセンターから57番でワイマナロ・ベイ・レクリエーションエリア入り口前バス停まで約90分
開園時間:ゲートオープン 7:00~19:45
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。