鍵を開けて……自宅に帰る気分をローマで!

写真をクリックすると次の写真に進みます
天井に設置したガラスから明るいローマの陽光が降り注ぐ入り口サロン。


「ベルシアナ・ハウス」は、1800年代の歴史あるパラッツォの中にあります。ローマの雑踏が石畳に響く、そんな路地に面した扉を開けると、何年も使われた大理石の階段。その階段を上がると、「ベルシアナ・ハウス」の扉、つまり数日の我が家になる家の扉があります。

200年以上も歴史を経た建物は、古いというより重厚。数百年も変わらずそこにある梁が残された天井は高く、空間の取り方も日本の家屋とはやっぱり違うといった趣です。

photo by SAWA pasqua
キッチンの横にはダイニング
玄関を抜けると、キッチン・バス・トイレ、そしてダイニングを兼ねたサロンと寝室。全部で70平方メートルもの広々した家が到着した日から、自分の住まい。

重いスーツケースを置いたら、まずは買出し。次のページからは、近所にあるスーパーマーケットや、午前中なら青空市場・メルカートへ行って、チーズやワインを買いに行きましょう。