ケルシーすもも
見た目が悪いせいか、価格はリーズナブル 6玉から8玉で1500円くらい

山梨生まれでカリフォルニア育ちの帰国子女「ケルシー」

原産は山梨の甲西町と言われていますが、正確にはずっと昔に、中国から「すもも」が伝わり、栽培適地が山梨だったのだと思います。
つまり、太古のすもものDNAを引いているのが「ケルシー」とも言えます。

明治三年 アメリカ人のHough氏がケルシーを食べて驚き、カリフォルニアに持ち帰り、バークレーのケルシー農場で栽培したので、ケルシーの名がつきました。
元々、甲州大巴旦杏、兜李と呼ばれていた古来の品種ですが、日本に「ケルシージャパン」として逆輸入されました。
日本原産の果実は、実は非常に少ないですから、それが帰国子女的なデビューとなると、まさに稀も稀です。

味も大きさも優れていながら、見た目が緑の為、ブレークしないケルシー

ケルシーすもも
白い粉はブルームと呼ばれ新鮮な証
日本人の悪いところです。何でもそうですが、先ずは見た目にこだわります。
その為、緑の巨大すもものケルシーは一般には人気がなく、いわゆる、「マニア垂涎」的な幻のすももです。その大きさは150g~200g。大きなものは250gもあります。
スーパーの店頭に並ぶ、普通のすももは50g~120gくらいが多いですから、本当に大玉です。たぶん、一番大きなすももの一種であることは間違いないです。

真っ白なブルームの下は透き通る緑

ケルシーすもも
磨けば美しい緑色の姿になります
ケルシーの表面には白い粉(ブルーム)がついています。水に濡れたままだと病気になりやすいため、この粉は植物が実を雨などの水分から守る為に、自然につくものです。

このブルームが緑のケルシーの見た目をさらに悪くしています。特に収穫したては前面に粉が吹いた状態です。ところが、室温で保存していると、数日で緑が黄がかってきます。すると、この粉が取れてきて、艶が出てきます。その状態が熟した証です。
つまり、柔らかで痛みやすい「すもも」は完熟手前で収穫し、常温で追熟させます。