Tokyo Trattoria
@銀座

Trattoria Baffo
トラットリア バッフォ

まだまだご紹介できていない、美味しいイタリアンのお店。
銀座の裏手にある連日満席の人気トラットリアの秘密に迫ります!

手作り、豪快、ゴージャス!

after
自家製のドライトマト@エントランス

トラットリアバッフォは、銀座歌舞伎座の裏手、マガジンハウスのすぐそばにありますが、銀座のいわゆる交差点からはちょっと離れています。そして、ちょっとした小道に看板があり、地下までくぐって…という、正直、なかなか見つけにくいトラットリアですが、見つけた後の満足感はそれはもう!

まず、エントランスには、必ずといっていい程、自家製のドライミニトマトがあります。季節によっては金柑等のフルーツもドライにされていたりと、この界隈では独特の雰囲気が。

そして下る階段には、薪がたくさん積まれていて、「ここはいったい何?」みたいな雰囲気もあるトラットリアです。


after
このタイの頭が、トラットリアの一番人気メニューに大変身!!!

トラットリア バッフォのオーナーシェフ 黒川俊男氏は、表参道のイタリアンの名店だったエルトゥーラに勤め、新進気鋭な料理を提供し、その後、ペペロッソ目黒店の総料理長に就任。ここで「人と触れあうイタリアン」を提供していました。つまりは、お客さまの声を聞き、お客さまの喜ぶ顔を見て、美味しいお料理を提供するという。お客さまが本体となります。

現実、トラットリア バッフォでは、その立地から、毎日のように築地へ仕入れに行き、新鮮な魚介類をトラットリアとは思えないような斬新なイタリアンとして提供してくれます。

もちろんトラディショナルな料理も多々提供してくれますが、その素材の扱い方にいつも勉強されることが多々あるトラットリアです。