ふたりのためのスローフード vol.2
@イタリアンレシピ

初夏の採れたて素材を美味しくパスタで頂きましょう!
今回は、通常、トマトソースで使用するフジッリを使います。
意外にオイルベースのソースとも馴染むのと、コロコロした野菜と一緒に食べられるので、こういうパスタ料理の場合、ロングパスタよりもショートパスタをお薦めします。

ハマグリが白ワインでふっくらとふくらみ、アスパラの食感、ミニトマトの程よい酸味のバランス良いパスタメニューです。

週末のブランチにお薦めです。

初夏のフジッリ 
ハマグリとアスパラ、プチトマト
Fugilli di inizio estate
con fasolari, asparagi e pomodorini


【分量】2人分
【材料】
フジッリ……………………………200g
ハマグリ……………………………16~20個
アスパラ……………………………5本
ミニトマト…………………………20個
白ワイン……………………………50cc
EXVオリーブオイル………………15cc
にんにく……………………………1/2個
鷹の爪………………………………1本

塩……………………………………適量
胡椒…………………………………適量

【作り方】

1)ハマグリは砂抜きしておく。
2)アスパラは食べやすい長さの斜切りにし、ミニトマト
  は縦半分に切る。ニンニクはみじん切りにしておく。
3)塩を入れたたっぷり目の湯でフジッリをアルデンテに
  茹でる。同時にアスパラガスも塩茹でする。※1
4)フライパンに、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を
  入れ、火にかけ、ニンニクの香りがしたらハマグリを
  入れる。ハマグリは、軽くソテーし、白ワインを注ぎ
  蓋をし、殻を開けるようにする。
5)ハマグリの殻が開いたら、一度火を止め、ハマグリの
  殻を取り除き、身だけを残す。ミニトマトを入れ、軽
  く火を入れ、塩、胡椒をふる。
6)フジッリとアスパラガスを入れ、和え、皿に盛る。

※1 フジッリの茹で上がり時間は、たいてい13分前後。
  茹で時間10分の時にアスパラも一緒に茹でると効率が
  良いです。
【ポイント】

ハマグリだけでなく、アサリ、ムール貝でも美味しく頂
 けます。
トマトを使用する場合、湯むききして、ダイス切りで、
 皿盛りした後に飾ります。
必ずフライパンにニンニク、オリーブオイル、鷹の爪を
 入れてから火にかけて下さい。
アスパラだけでなく、季節の青物が使えます。菜花、
 ブロッコリーなど形があるものがオススメです。

アンティパストには、トマトのファルチアはいかがですか?


1 / 2 次へ>>
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。