2種類のりんごジャムを炊飯器で作る!

炊飯器で作るりんごジャムレシピ

炊飯器で作るりんごジャム

炊飯器でジャムを作るにあたって、気をつけなければならないのが、吹き零れです。 吹き零れを防ぐためには、1.分量を守ること。2.蓋をあけて時々確認すること。 3.吹き零れを防止する仕掛けを施すこと、といった方法が考えられます。
それらを踏まえた上で、2つの炊飯器で、2通りの作り方をしました。殆ど同じ材料を使っていながら、全く違った風味のジャムができました。どちらも甲乙つけがたいほどの美味しさですので、どちらが好きか、作り易いかは、読んだ方の判断に委ねたいと思います。
初めに紹介するのは、炊いてる途中で何度か蓋を開けて、吹き上がり具合や煮つまり具合を目で確かめて判断し、手でスイッチを切って仕上げたもので、しっとり柔らかいジャムになりました。

紹介するジャムは、吹き零れを防ぐための仕掛けをした上で、スイッチが切れるまで炊いたもので、マーマレードのようなシコシコした食感が小気味良い、大変個性的なジャムになりました。
   

炊飯器で作るりんごジャムレシピ……やわらかタイプ

りんごジャム (やわらかタイプ)
 
アップルジャム

使用した材料 5合炊き炊飯器使用

・りんご .............特大1個(皮と芯を除いて520g)
・砂糖 ...............140g
・レモン汁(ポン酢で代用) ...........大さじ1

作り方

1. りんごを4つに割り、皮をむいて芯を取り、大きければ半分に切る。

2. 内釜に入れ、砂糖を加え、レモン汁を回し入れる。

3. 釜を上下にゆすって、りんごに砂糖をまぶし、普通に炊く。

4. 40分ほど炊いたら、蓋を開けて煮あがり具合を確認してみる。

たっぷり汁気があるようならまだ早い。 蓋を開け、沸騰してる煮汁が静まった時、煮汁がりんごの1/3程度の高さになったらスイッチを切る。

(今回は、スイッチを入れてから47分でスイッチを切りました。その炊飯器で白米が炊き上がる時間を基準にすると良いです。)

5. 釜を取り出して、木ベラでりんごを切ってかき混ぜる。

(簡単にジャム状に崩れます。)

6. 熱いうちに清潔な容器に入れる。

甘さ控え目のジャムが完成!

炊飯器ジャム二種
紹介したのは、炊いてる途中に蓋を開け、煮上がり具合を目で確かめて判断し、手でスイッチを切って作った、しっとり柔らかいジャムでした。 このページでは、最後まで炊くバージョンを紹介します。皮と一緒に炊いて、皮の赤をジャムに移して、色よく仕上げます。ジャムと言うよりもシロップ煮といった感じの味わいで、添え物ではなく、そのままデザートとしても通用します。煮た皮を紅茶に入れれば、 アップルティーが楽しめます。
 

炊飯器で作るりんごジャムレシピ……しこしこタイプ

りんごジャム(しこしこタイプ)
 
アップルジャム

使用した材料 5合炊き炊飯器使用

・りんご .............2個(皮と芯を除いて520g)
・砂糖 ...............200g
・レモン汁(ポン酢で代用) ...........大さじ1

作り方

1. りんごの皮をむき、4つに割って芯を取り除き、厚さ2~3ミリに切る。

2. 内釜に入れ、砂糖を加え、レモン汁を回し入れ、釜を上下にゆすって砂糖をまぶす。

3. その上に、赤い方を下にした皮をのせ、アク取りシートに水を含ませて手でギュッと握って絞ってのせ、りんごの皮数枚で重しをして、普通に炊く。

(シートが蒸気で舞わないようにする小技2つ)

4. スイッチが切れたら、シートと皮を取り除く。

5. 木ベラでかき混ぜて清潔な容器に移す。

6. 紅茶カップに皮とティーバックをいれ、熱湯を注いでしばらく待てば、おいしいアップルティーの出来上がり。
 

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。