ゆるめに固めた寒天を餅に見立てたおぜんざい。ギンギンに冷やして食べれば、暑さなんか、遥か彼方に飛んで行ってしまいそう!冷やす時間がなかったら、氷を削ってのせればOK! もしも寒天が余った時は、練辛子と酢醤油で食べれば美味。

夏みかん寒天
お菓子レシピ

 
寒天の冷やしぜんざい

やわらか寒天の冷やしぜんざい


使用した材料 4人分

小豆あん .....................適宜
・寒天棒 ...................1/2本
・水 .......................450cc
・梅酒 .....................大さじ1


作り方

1. 寒天を水に浸し、柔らかくなったら水を絞り、ちぎって鍋に入れ、水を加えて煮溶かす。

2. 溶けたら火を止め、梅酒を加え、水で濡らしたボウルか流し箱に流して冷やし固める。

3. 固まったら、ナイフを差し入れて一口大に切る。

4. 小豆を冷水で2倍ぐらいに薄めて冷やして置く。

器に(3.)を盛り付け、小豆をかける。


【応用レシピ】

あんこ玉寒天

丸めたこしあんの上から、とろりとするまで冷やした寒天液をかけて、冷蔵庫で冷やし固めれば、寒天あんこ玉が完成。


前回紹介したのは「岩ガキの食べ方」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。