一月十一日は鏡開きです。 鏡餅は、包丁で切らずに、金づちで叩いて開くものと云われますが、叩いただけでは割れなかったり、そもそも金づちが無いという家庭もあるかもしれません。我が家の鏡餅は、ラップで包んでいたおかげか、雪国の冬は 部屋の空気が乾燥してないためか、11日の今日まで、ひび割れはありませんでした。
ちょっとやそっと叩いても割れそうにない餅を、半日ほど水に漬けてから、電子レンジで八分どおり軟らかくして、手で千切ってお汁粉にしました。お供えした餅は、水に浸さないと 加熱しても 餅の表面が中々やわらかくなりません。

鏡開きの餅で作る

おしるこ

お汁粉


作り方

1. お供え餅をこすってよく洗い、水に浸しておく。

2. 市販の練りあんを鍋にあけ、水で薄めて火にかけて混ぜ、(味見した上で)塩を一つまみ加える。

3. 耐熱容器に餅をいれてラップして、電子レンジにかけ、8分通りやわらかくする。

(餅がプーッと膨れ上がるのは加熱しすぎ。手でちぎれる程度の硬さでいい。)

4. 餅をちぎって、煮立ったあんこに入れて煮る。

(熱いので水で冷ましてからちぎると良い。)

5. お椀に盛る。口直しの漬物や塩昆布を添える。

あずきの煮方

前回紹介したのは「桃の節句の菱餅」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。