名前を確かめることもなく、甘えびとばかり思って買っていたいつものエビをよく見ると パックの上には 赤えびの文字。驚いてネットで調べてみたところ、一般的に甘えびと呼ばれてるエビの正式名は 、『北国赤えび』  なのだそうです。皆さん、ご存知でしたか?

今日は、その甘エビをお刺身にし、残った頭を味噌汁にと、 一つの材料で二つの料理を作ります。


 

旬の食材を存分に味わう

甘えびの刺身



甘えび頭の味噌汁



材料

甘えび1パック・酒大さじ1・豆腐・長ネギ・味噌・水・出し昆布・鰹の粉ダシ(又はダシの素)・刺身のツマ


作り方

1.エビをさっと洗い、手で頭をもぎ取り、尾を残して殻をむく。

2. 野菜カッターで、大根を細く切り、冷水にさらしてぱりっとさせてザルで水切りし、刺身と盛り合わせてワサビを添える。

3. 鍋に水と出し昆布を入れて火にかけ、煮立つ間際に昆布を取り除き、エビの頭と酒を入れる。

4. 3~5分ほど煮たら味噌、豆腐、鰹の粉ダシ(又はダシの素)を入れ、 最後に、薄い斜め切りにした長ネギを加えて火を止める。


昨日紹介したのは「チョコチップシフォンケーキ」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。