ハタハタの田楽レシピ……庄内地方のハタハタ料理

ハタハタの田楽レシピ


ハタハタが一番美味しいのは冬で、12月9日の「大黒様のお歳夜」には、 昔からの習わしで ブリコ(卵)の粒々に 子孫繁栄の願いを込め、ハタハタの田楽を食べます。

今の時期のハタハタは、ブリコ(卵)も白子も小さくて、 ハタハタ本来の美味しさは味わえないものの、 焼いて甘味噌を塗りつけ、更にあぶって田楽にしたならば、 淡白味のハタハタも、ごはんにぴったりのお惣菜になります。 秋田で食べたハタハタの田楽には、 練り味噌に粗く刻んだクルミの実が混ぜてあり、こちらも中々美味でした。
 

ハタハタの田楽の材料

  • ハタハタ .........................8尾
  • 味噌 .................大さじ3(60g)
  • 酒 .............................大さじ1
  • みりん ...........................大さじ1
  • 砂糖 .........................大さじ1~1.5
 

ハタハタの田楽の作り方

1.グリルか焼き網でハタハタの両面を焼く。

2. 味噌、砂糖、酒、みりん混ぜ合わす。

3.焼けたハタハタの片面に味噌をぬってさっとあぶり、裏面も同様にする。

4. 皿に盛りつけ、お好みで粉山椒をふる。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。