今日のパンは、炊飯器を発酵させるための道具としてだけ利用して、後は オーブンで焼き上げました。 炊飯器で食パン作りと、 クルミロールパンの流れで作った、 ケーキのような菓子パンです。

 
アップルスイートロールパン


材料 4コ分

・強力粉 ................................200g
・ドライイースト ........................小さじ1
・砂糖 ..................................大さじ1
・塩 ....................................小さじ1/2
・牛乳 ..................................140cc
・バター ................................大さじ1

・りんご ................................1コ
・さとう ................................大さじ2
・レモン汁 ..............................少々
カスタードクリーム ..........................大さじ4~5
・乾燥ブルーベリー ......................大さじ2
・人参グラッセ ..........................6コ
・ザラメ ................................大さじ3
・アプリコットジャム ....................適宜
・アイシング ............................卵白少々、粉砂糖30g、レモン汁少々


作り方

1.大きいボールに、強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ、泡だて器でよく混ぜる。(又はふるう)

2.牛乳を人肌以下にぬるめに温め、粉に流し入れながら箸でかき混ぜ、手でこねる。 

パン生地がまとまったら真ん中にバターを入れて包み、しっかりこね、生地が ボールや手につかなくなり、表面がすべすべなめらかになったら、油を薄くぬった内釜に入れて、炊飯器に入れ、保温にして20分間、スイッチを切って20分間(合計40分位)、 2倍の大きさになるまで一次発酵させる。

3.一次発酵を終えた生地をボールに取り出して、こぶしで押してガス抜きし、丸くまとめて内釜に戻して炊飯器にセットし、10~20分間保温、スイッチを切って20~10分間(合計30分間)おいて、発酵させ、元の大きさに戻す。

4.りんごを4つ割りにして皮とヘタを取り、5ミリに切って鍋に入れ、 砂糖とレモン汁をふりかけて、汁がなくなるまで煮つめて冷ましておく。

5.まな板の上にラップを敷いて、打ち粉を薄くふりかけ、パン生地をのせ、麺棒で6~7mm厚さの長方形に伸ばす。

6.煮リンゴと乾燥ブルーベリーを散らし、 カスタードクリームを真ん中にのせ、 人参グラッセを並べ、ザラメをふりかける。

7.手前のラップを持ち上げ、向こう側に巻いていき、巻き終わりを下にする。

8.4つに切る。

9.切り離さないように注意して、真ん中に深く包丁を入れ、左右に開き、オーブンシートを敷いた天板にのせる。

10.ラップでそっとおおい、 窓際の暖かい場所に30分間ほどおいて、二次発酵させる。溶き卵と水を混ぜた液を塗って、 200℃に予熱したオーブンに入れ、180~200℃で13~15分焼く。

11.焼きあがったら、熱いうちに、ハケでアプリコットジャムをぬり、(お好みで)アイシングをかける。

(アイシング:粉砂糖によく解きほぐした卵白を加えて練り、レモン汁少々を加えて混ぜる。)


ひと言
室温22度の春の日に、陽だまりで自然に発酵させたものと、炊飯器で発酵させたものの2通りのパン生地を、同時進行で作ってみました。 炊飯器を使った方が、だいぶ時間短縮になりました。気温が低い季節には、このように炊飯器で発酵させるのも一案だと思います。梅雨の季節の洗濯機の中も、パン生地の発酵に適してる場所だそうです。

昨日紹介したのは「鯛のかぶと揚げ」 レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。