まずいものを旨いとは、口が裂けても言いそうにないガクトさま も「旨い!」と褒めた、藤井フミヤさん特製のおから餃子を、目と耳と想像で作ってみました。 レシピのヒントは、「りんごをすりおろしてくれる?」、 「生姜入れすぎたかなあ...」、 それと、キャベツを茹でてたってこと。

.........すっごくおいしい! 作ってみてください。絶対おすすめ!


おからギョーザ



材料 (4人がお腹いっぱい食べれる量)

おから200g ・ 豚挽き肉200g ・ キャベツ5枚 ・ 長ネギ1本 ・ ニラ1/4束 ・ 生姜1片 ・ ニンニク少量 ・ 卵1コ ・ りんご1/2コ ・ 餃子の皮3袋

《調味料》
塩少々 ・ 黒コショウ ・ ごま油大さじ2 ・ 醤油大さじ2 ・ 砂糖大さじ1/2

作り方

1.キャベツをしんなりするくらいに茹でてみじん切りにし、手でぎゅっと水を絞る。 長ネギとニラはみじん切り。 りんご(皮ごと)、生姜、ニンニク少量をすりおろす。

2.ボールに、挽き肉、その他の材料と、調味料を加え、手で混ぜる。

3.餃子の皮で包む。

4.フライパンを熱し、油を入れて餃子を並べる。

5.少し焼いてから、餃子の高さの1/3位まで水を加え、蓋をして強火で焼く。

6.水がなくなったら油を少量まわし入れ、少し焼いて皮をパリッとさせる。

7.ポン酢醤油と、大根おろしで食べる。(ラー油はお好みで)


りんごが、オカラの匂いとパサパサ感を消 してくれるのでしょうか。  食べてみて、 松っちゃんが言ってた「おからの味はしっかりとしてるんだね」の、意味がよくわかりました。 おからの味は生かされているのに、(おから嫌いの人が苦手であろう)青臭さのようなものがありません。  又、おからが水分を吸ってくれるので、とても包みやすく、 餃子作りに慣れてない方にでも、上手に作れるはずです。



◆◇◆餃子と焼売◆◇◆

【手羽先餃子・ぎょうざの包み方】
【カニシューマイ】
【白菜焼売】
【即席焼売肉まん】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。