皆さまお馴染みの、さつま芋のお菓子「大学いも」を二通り作りました。 皮を剥いて芋全体を同じ固さにしたものには水飴の蜜を、皮毎使う昔ながらの作り方のほうには、 砂糖だけの素朴な蜜をからめました。あなたのお好みはどちらでしょうか。


大学いも (水飴使用)



材料

さつまいも2本(550g) ・ 砂糖大さじ5 ・ 水大さじ3 ・ 水飴大さじ大盛り2 ・ 醤油数滴 ・ 揚げ油 ・ 煎り胡麻

作り方

1.さつま芋の皮を剥いて、大きめの乱切りにし、水にさらしてザルにあけ、水気をふく。

2.中温の油(160℃)に入れて、じっくり揚げる。うっすら色が付いてきたら引き上げ、もう一度揚げる。

じっくりゆっくり、揚げてください。

3.鍋に砂糖と水を入れ火にかけ、砂糖が溶けたら水飴を加えてかき混ぜる。とろりとなめらかになったら火からおろし、醤油を数滴落とす。

4.揚げた芋の油を切り、熱いうちに3.の鍋に入れ、からめる。

5.ゴマをふりかけて器に盛る。


口に頬張ると、薩摩芋の角々のカリッとした歯ざわりと 、ほのかなしょう油の香が口いっぱいに広がります。 醤油の分量はお好みでかまわないのですが、私の場合はあまりくどくなるのは いやなので、3滴ほど入れました。このまま冷凍保存して、お好きな時に自然解凍して楽しむのもいいかと思います。


皮ごと使った素朴な大学芋は次のページで!

関連
【いもようかん】
【薩摩芋御飯】
【ケーキ・デザート・おやつ】