先日、新潟県民なら知らぬ者はいないという、摩訶不思議な みかづきのイタリアンなるものを食べてきました。この焼きそば界のコロンブスの卵を、 私なりに再現してみましたのでご覧ください。 見た目はそっくりでしょ?新潟の皆様。 味も負けてないゾ!(たぶんネ)

みかづきのイタリアンとは?


1. ベーシックなイタリアン
キャベツ、もやし、麺を炒めて、酒少々をふりかけ、塩コショウ、ソースで薄味に味付け、トマトソースを かける。

【トマトソースの詳しい作り方→】

2. 茄子のせトマトソース
基本のトマトソースの上に、焼いた茄子をのせて粉チーズをかけたもの。
実際にお店のメニューにあったかどうかは定かでないが、 トマトソースには茄子が似合うって事で....

3. ツナ入りトマトソース
トマトソースにツナを加えただけ。
あまりかき混ぜないほうがツナの風味と食感が楽しめる。

4. 麻婆茄子風ピリカラソース
これは、焼きそばに合わないはずがないソースで、予想通りの美味しさ。
豆板醤を効かせたピリカラ仕立て!

【茄子ソースの詳しい作り方→】

5. ホワイトソース
鍋に小さじ1のバターを入れ火にかけ溶かす。小麦粉小さじ2加えて炒める。荒熱を取り、牛乳と水少々 加えトロリとするくらいにのばす。コンソメスープの素、塩コショウで調味し、コーンを加え、 焼きそばにかける。

6. グラタン
5.のホワイトソースの上に、パン粉と粉チーズ、溶かしバターをかけ、オーブントースターで 焼いて焦げ目をつける。


前ページは新潟新名物みかづきのイタリアン