二軒目・N邸の庭

続いて、二軒目のお庭。こちらのお庭主は、「フランボワーズ」という輸入雑貨のお店を開いています。店先にもハンギングや寄せ植えを飾っていました。
店先
店先にもハンギングや寄せ植えを飾って

通りに面したフェンスでは、ちょうどクレマチスが満開に。
クレマチス
クレマチスとバラ

庭への期待感をそそるアプローチも素敵。
アプローチ
アーチをくぐり、庭へと誘うアプローチ

木陰の庭
暑い日には、木陰が嬉しい
白樺をはじめ、たくさんの雑木が庭に心地よい木陰をもたらしています。植栽では、やはりバラとクレマチスの美しい対比が目を惹き、ところどころに置かれた寄せ植えが良いフォーカルポイントになっています。また、たわわに実ったラズベリーも人気を集めていました。
こちらのお宅もホームページでオープンガーデンの様子などを公開しています。
『フランボワーズ』

三軒目・W邸の庭

三軒目は、アプローチのレンガ敷きからパーゴラ作り、循環装置のついた池まで、すべて奥様一人で作られたというお庭です。
W邸
アーチをくぐり、階段の上の庭を臨む

パーゴラ
パーゴラの下のアプローチに従って、庭の奥へ
庭の奥には、涼を呼ぶ水場が設けられていました。これも奥様お一人で作られたとは、プロも脱帽!
手作りの池
池の周囲には、水を好む植物を

庭の奥、日陰の部分は和風のイメージでしたが、一転して日当たりの良い面は洋風の佇まいです。
ガゼボ
ガゼボの背面は、アイビーで覆い尽くされて

素敵なお庭のガーデンチェアに座って、ゆっくりとティータイムを過ごしたい気分?実はこちらでは、「オランジュリー」というカフェも開いているのです。
旭川市郊外のこのあたりは、陶芸、ガラス、染色、木工などといった工房やギャラリー、カフェなどが集まっている地域で、「嵐山陶芸の里」と呼ばれています。北海道旅行を計画されているなら、プランの一つに加えてみてはいかがでしょう。

さて、最後は上野ファームのご紹介です!>>次ページへ