季節の花々が咲く庭は、その家の人だけでなく、通りすがりにその庭を目にする人たちの心も和ませるものです。
自然と「きれいな花ですね」とか「これは何と言う花ですか」など、ご近所との会話が生まれたりもします。
でも、その庭が原因でご近所トラブルに発展するなんて?今回はそんな事例をご紹介します。

ご近所トラブル
庭木が原因でご近所トラブル?できれば避けたい事態です

隣の庭木は切ってもOK?

「お隣さんの庭木の枝が自分の家の敷地内にまで伸びてきたら、勝手に切ってしまってもいい?」
民事でよくあるケースですね。
その枝が我が家の動線上に伸びていたりすると、「え~い!邪魔だから切っちゃえ!」と思ってしまうかもしれません。
でもこの事例、民法では「隣の土地の竹木(ちくぼく・樹木と竹のこと)の枝は、所有者の承諾無しに切ってはいけない」ことになっているのです。
ただし、この木の枝が邪魔で日常生活に支障があるようなときは、その所有者に枝を切るよう請求することができます。(民法第233条第1項による)

またこれと逆に、隣家にはみ出した自分の庭木を切ろうと、勝手に隣家の敷地に入り込むのもNGです。
場合によっては「不法侵入」と取られかねませんから、一言お断りをいれてから作業しましょう。

竹の子
隣家から伸びてきた竹の子は切り取っても良いか?

木の根も切ってはダメ?

それでは、こんな場合はどうでしょう?
「花を植えようと庭を掘ったら、お隣の家から伸びる木の根が!勝手に切ってもいい?」
こちらも民事でよくあるケースで、前述のケースと共にクイズや法律関係の試験問題にも取り上げられるものです。

さて回答ですが、このケースでは条件付きでOKというところでしょう。
民法では、「隣の土地に植わっている竹木の根などが境界を越えている場合は、その根を切り取ることができる」となっています。(民法第233条第2項による)
ただし、切り取る根が少しなら問題ないのですが、根の切除が広範囲だったり太い根を切ってしまうと木を枯らしてしまうこともあります。
そういった事態が予想される場合などは、所有者と相談しましょう。

栗
隣家の栗が我が家の庭へ…、これってラッキー?

柿は×で、竹の子は○

上記の事例から言えることは、
  • お隣の木から我が家の敷地に伸びた柿の実を採ったら…
    ×柿泥棒と言われるかも
  • お隣の木から我が家の敷地に栗の実が落ちたら…
    ×これも無断で収穫してはいけません
  • お隣の竹林から我が家の敷地に生えた竹の子は…
    ○ありがたく頂きましょう
ということになります。

でもこれは、あくまでも民法上で言えることです。
法律はそうであっても、そのことが原因で隣近所と不仲になってしまったのでは大変ですよね。
やはりご近所、特にお隣さんとは、日頃からご挨拶をして会話ができる仲にしておくことが大切でしょう。

こんなときは…

それでも運悪くトラブルが発生してしまった場合や、何度お願いしても枝を切ってくれないといった場合は、弁護士など専門知識のある第三者に入っていただくのが一番です。
「そうは言ってもお金が掛かるのでは?」と不安を感じられる方もいると思いますが、ほとんどの県や市町村で住民に対する相談窓口が設けられていますので、まずはそちらに相談されると良いでしょう。

花や緑を通して会話が生まれる、人間関係の潤滑剤となるような庭の楽しみ方を心がけたいですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。