植物の名前
ラベルについている名前がガーデナーを混乱させることもある

植物の本名は…?

園芸店に行ったら、自分の庭にある植物と似た物が売られているけど、ラベルには違う名前がついている…。そんな経験はありませんか?
現在はとてもやっかいなことに、一つの植物に対して

  • 「和名」…日本で普通に使われている植物名のこと、標準和名
  • 「総称名」…サクラ、ユリなど特定の個体を指した名ではなく、一般的な総称
  • 「英名」…英語圏からの外来種に付された名前
  • 「学名」…全ての生物に与えられる世界共通の名前

    と、複数の名前があるのです。

    海外ではラベルに学名が表記されているのが一般的ですが、日本では学名表記が省かれたり、学名をカタカナ読みで表記したり、果ては「カタカナでは覚えにくい、読みにくい」と、独自の商標名がつけられて流通したりもします。

    このように、ガーデナーにとっては混乱を招きかねない状態なのですが、一体どれが植物の本名なのかおわかりでしょうか。
    そう、「学名」こそが植物の本名で、世界共通の名前なのです。


    学名とは

    梅
    例えば「梅」の学名は、「Prunus mume」。ヤマザクラもモモも学名には「Prunus」がつき、同じサクラ属であることがわかる。
    植物の本名が「学名」なのはわかりましたが、そもそも「学名」とはどうやって付けられるのでしょう。
    現在学名には、「二命名法」というものが採用されています。
    これは、生物の分類上の階級である「属名」に「種名」を添えて表記する方法です。
    植物の場合は、「国際植物命名規約」というルールに従って命名されています。

    この「学名」は、ラテン語で表記されます。
    例えば、庭木によく用いられる「アオキ」の学名は、
    Aucuba japonika (アウクバ ジャポニカ)です。
    この学名の後ろに‘ ’で括られた名前がついている場合、それは個体名をあらわします。
    Aucuba japonika‘Star Dust’と表記されていたら、その植物はアオキの中の‘スターダスト’という個体ということです。

    ラテン語というのは我々日本人にはなじみが薄く、学校で習う英語ともまた違うため、どのように読んで良いのかわからない代物ですよね。
    これが日本に学名が普及しない要因ではないかと思います。


    学名の必要性

    べつに難しい学名なんか覚えなくても、和名や流通名でいいんじゃない?という意見もあるでしょう。
    でも困ったことに、和名の場合は地域によって呼び方が違うことがあります。
    流通名に至っては、その場に写真なり実物がないと話がかみ合わなくなることも大いにあり得るのです。
    これが学名の場合ですと、前述のように属名と種名からできているわけですから、「あ、この植物は○属なんだ」と即座にわかるのです。
    それに現物がそこになくとも、学名から大体の姿が想像できたりもします。
    例えば、「~オーレア(aurea)」、「~アルバ(alba)」、「~ビリディス(viridis)」、「~コッキネア(coccinea)」などは、その植物の花色や葉色を表すものですから、いまそこに花がついていなくても「アルバ」とあれば「白い花が咲くのだろうと」予測がつくわけです。 (※順に「黄金色」、「白」、「緑」、「緋紅色」と、色をあらわすラテン語です)
    このように学名はちゃんと意味があるものですから、興味をもって見ると意外と面白いものとなるはずです。
    なお、学名があらわす意味については、下記サイトで紹介されていますので参考にどうぞ!
    磯キリンのガーデニング道楽
    GLNからこんにちは

    また、何と言っても学名は世界共通語なのですから、学名に親しんでおくと、たとえ海外旅行で現地の言葉がわからなくとも植物ラベルに何が書かれているかはわかるはずです。
    とはいえ、日本ではまだまだ植物ラベルに学名まで表記されているのは少ないですよね。
    そこで、一般名と学名が併記されている図鑑をお勧めしたいと思います。

    次ページでは、おすすめの書籍と学名の未来についてお話しします>>次ページへ