ハーブを使った簡単クラフト、「ハーブ石鹸」を作ってみました。
ハーブの本などにも作り方やレシピが載っているかと思いますが、今回は初心者でも一時間程度で作れる方法をご紹介します。
※乾燥時間は含みません。また、おろし金使用の場合はもう少し時間がかかります
 

材料を揃える......石鹸やハーブ等

ハーブ石鹸の材料

ハーブ石鹸の材料はたったこれだけです

 
 
  • 無添加石鹸 ── 300グラム
  • 蜂蜜 ───── 大さじ 2
  • ドライハーブ ── 大さじ 2(好みで増量してもOK)
  • 熱湯 ───── カップ 1/2(100cc)
今回は、ラベンダーとローズマリーのドライハーブを使いました。
この他にも肌を整える作用のあるカモミールローズ、抗菌作用のあるミントセージタイムなどもハーブ石鹸に向いています。
≪ここでワンポイント!≫
ドライハーブは抽出液を作るのに使うので、代わりにハーブティーのティーバックを使ってもOK!
抽出液は、濃~いハーブティーを作るつもりで。

 

ハーブ石鹸の作り方

刻んだ石鹸

刻んだ石鹸

 
 
1. 無添加石鹸を包丁で細かくみじん切りにします
(なめらかに仕上げたい場合は、おろし金を使ってすりおろします)
ハーブを煮出す

ハーブを煮出す

 
 
2. 熱湯にドライハーブを入れて5分ほど煮出し、その後ガーゼやキッチンペーパーで漉して抽出液を作ります

3. 耐熱容器に入れラップをかけた石鹸を、混ぜやすくするためにレンジで1~2分ほど暖めます
4. 暖めた石鹸にハーブの抽出液を50cc加え、ゴムベラなどでよく混ぜあわせます
次に蜂蜜を加え、更に混ぜ合わせます
石鹸に抽出液を混ぜる

石鹸に抽出液を混ぜる

 



 
 
5. 混ぜ合わせたものをビニール袋に入れて、良くこねます
石鹸が硬くて捏ねにくいときは、耐熱容器に入れて再度レンジにかけると柔らかくなります
袋に入れて良くこねる

袋に入れて良くこねる



 
 
6. こねあげた石鹸を好みの形に整えます
​​​​​​例えば…
・ラップに挟んで麺棒などで平らにならして包丁で切り分ける
・かわいいクッキー型で抜く
・ハンバーグを作る要領で、手で俵型にする
石鹸の形にまとめる

ちょっとサラミっぽく見えるのは、刻み方が荒かったせい… 仕上がりの差がここで出ます

≪ここでワンポイント!≫
クッキー型で抜いたり手でまとめるときは、残ったハーブの抽出液を少量つけると扱いやすいです
 
 
 
石鹸の形ができたら、風通しの良い場所で陰干しにし、時々表裏を返して一週間ほど自然乾燥させます。
しっかり乾燥して硬くなったら出来上がりです!
※万一お肌に合わない場合は、使用をお控えください
完成したハーブ石鹸

完成したハーブ石鹸

出来上がった石鹸は、可愛くラッピングしてプレゼントにしてもいいですね。
いろいろなハーブで試して、あなたの「お気に入り」を見つけてください!

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。