★リボンを切らない方法

リボンを切る方法同様に、茎をまとめて花穂の付け根を束ねますが、このときリボンも端から30cmくらいの所で一緒に束ねます。

この短い方のリボンは、花穂と一緒に包み込んで、束ねた部分から順に編みこんでいきます。(編み方はリボンを切る方法と同じです)
花穂が全て隠れたら、短いリボンを引き出し、編みこんだリボンと合わせて蝶結びにします。


出来上がったものは、チェストの中やクローゼットに入れておくと、辺りがいい香りに包まれます。
残念ながら香りをお届けできないので、皆さんも是非作ってみてください!





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。