インドアガーデニングなどと横文字を使うと、何とな~く格好良いイメージを持ってしまうのは決して私だけではないと思います。 そのうえ、インドア物は大量の土と格闘するわけでもないので、お手軽なのも魅力!
では、さっそく簡単実践インドアガーデニングのヒントといきましょう!
インドア(室内)ガーデニングに取り入れることができる植物はたくさんありますが、今回は入手が簡単で手間がかからないものからご紹介しましょう。

【観葉植物】

インドアでグリーンを楽しむといえば、観葉植物が最も一般的でしょう。ただ、観葉植物といっても種類も多種多様で、すべてが栽培容易であるとは言い切れません。

手軽に入手できて管理も容易な観葉植物を挙げるとすれば、ポトス・アイビー・ペペロミア・シェフレラ(ホンコンカポック)・テーブルヤシあたりでしょうか。
ポトスやアイビーなどは挿し木での増殖も容易なので、安価で手に入ります。
最近はこれらの観葉植物を、ハイドロカルチャーで楽しまれる方も多いですね。
私も実際に育てた経験上、これほど丈夫で手間要らずな観葉植物は無いと実感しております。
ただ、オリジナリティに欠けるというか、一般的過ぎて面白味がないと感じる方もいるかもしれないですね。
そんな方には、葉姿が変わったものをおすすめします。
かわいいハートカズラや繊細なアスパラガス、キャッツテールの名で知られるアカリファ、インパクトのあるユッカ(青年の木)などはどうでしょう?一鉢あるだけでも、部屋の風景が今までと違って見えるはずです。

さらに変わったものを…と言う方は次ページ