片付けの鉄則 その1-場所を決める

引き出しのなかに何が入っているのか、まずそれを把握しておかなければなりません。
引き出しは各段の深さに合わせて文具、CDなどのメディア、ファイルなど、手近におきたいモノの場所を割り当てておきます。そして、使ったら必ず元の場所に戻すのは鉄則の基礎です。

場所がきちんと決められていれば、条件反射のように身体が覚えてくれることに。そうなれば、業務の高速化は間違いなし!


片付けの鉄則 その2-捨てる

グッズのチカラを借りると書類の山がさくさく片付く。参考商品:デスクフリーラベルクリップ
そもそも片づけ下手な人は、同じようなペンやマーカーなどを何本も持っています。あったはずのモノが見当たらなくて、次々と買い足すうちに増えてしまうからです。これではモノの管理が煩雑になるモト。鉄則1を厳守しなければなりません。
そして、余分なモノは思いきって処分します。

一方で、資料や書類は業務を通じてどんどん増えていきます。そういった書類関係の山ができる前に、不要なモノはさっさと処分しましょう。
ところが「いつか使うかも」「これがなかったら困るかも」と、タメライの虫が騒ぎがち。とりあえずキープしておきたいなら保留箱を用意して、1週間後の日付を書いた見出しをつけて、そのときまでに決断する癖をつけるというのもひとつの手です。


片付けの鉄則 その3-習慣にする

1日たった5分!どんなに忙しくても、このくらいの隙間時間は誰にでもあるはずです。
ものの5分もあれば、引き出しの1段ぶんくらい完璧に整理整頓できます。
片付けが苦手なら、浅い引き出し1段ぶんをカラにしておいて、そこを緊急避難場所にしておいてもいいでしょう。

この5分を終業間際にとるだけで、仕事の環境がガラリと変わります。 デスクに余分なモノがない状態なら、翌朝は出勤後すぐ仕事に取り掛かれるので、午前中の能率アップ間違いなし!

今から片付ければクリスマスまでにはデスク一掃完了。来年にむけて良い足がかりとなることでしょう。


▼関連リンク
引き出しの中を区画して、更に効率アップ! 【All About 収納】
増え続ける本に手をやいていませんか?「捨てる」読書法は如何でしょう。 【All About 収納】
必要なモノがすぐ見つかる。そのスピード感が大事! 【All About 収納】
郵便物がどんどん溜まるのは会社も家庭も同じ。手早い処理が肝心。 【All About 収納】
この際、ごちゃごちゃなコードもすっきりさせておきましょう。 【All About 収納】
資料は積み上げるか吊り下げるか、それが問題。 【All About 収納】
ついでに帰宅したあとの仕込みもやっておくといいかも... 【All About 収納】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。